ここから本文です

『なつぞら』第151話では、富士子(松嶋菜々子)も「泰樹(草刈正雄)が元気がない」と話す

9/21(土) 8:20配信

リアルサウンド

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。9月23日放送の第151話では、富士子(松嶋菜々子)が「最近、泰樹(草刈正雄)が元気がない」とぽつりと話す。

【写真】『大草原の少女ソラ』美術を担当する陽平(犬飼貴丈)

 剛男(藤木直人)がワンピースを千遥(清原果耶)に返した第150話。第151話では、小学校に上がる優(増田光桜)のために富士子が上京してくる。なつ(広瀬すず)が優の入学の準備をしていると、富士子が「最近、泰樹が元気がないと」ぽつりと話す。泰樹はいつの間にか90歳になっていた。一方、『大草原の少女ソラ』は放送から半年が経ち、人気番組に。マコプロでは、皆寝不足と疲労と闘いながら仕事をしている。なつと坂場(中川大志)の机の上も仕事が山積みで……。

 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、中川大志、岡田将生、井浦新、染谷将太、渡辺麻友、川島明、比嘉愛未、貫地谷しほりらがキャストに名を連ねる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/21(土) 8:20
リアルサウンド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事