ここから本文です

犬を飼うときに「ケージ」は本当に必要? 実は大きな2つの役割が…

9/21(土) 8:30配信

いぬのきもち WEB MAGAZINE

犬を飼うときに、ケージの購入を勧められることが多いと思います。でも、なぜ犬にケージが必要なのかを知っていますか? 

今回は、犬のケージの必要性やその役割について解説します。

犬のケージの大きな役割2つ

まず、ケージについての簡単な説明を。ケージには床と天井部分があり、周りを囲うだけの「サークル」とは異なります。ただ、最近では天井を外すことのできるタイプも多く、同じような扱いをされていることも。
(ちなみに、「ゲージ」ではなく「ケージ」と呼ぶのが正解です◎)

ここでは、ケージの大きな役割2つについて見ていきます。

ケージの役割1:イタズラや誤飲・誤食などのトラブルを予防する

家の中で犬の行動範囲を仕切って管理したいというとき、ケージはとても役に立ちます。

とくに子犬の時期は好奇心旺盛なコも多く、落ちているものを食べてしまったり、イラズラをしたりとなにかとトラブルが起こりますよね。誤飲・誤食は命に関わることもあるので、注意が必要になります。

そうした事故を防ぐためにも、犬がイタズラできないような住環境を整えることが重要になるのです。

イタズラを覚えると繰り返すことも

犬はイタズラを覚えてしまうと、それを繰り返してしまうことがあります。イタズラは、できるだけ初めのうちから経験させないようにしましょう。

ケージの役割2:留守番中の安全を確保する

飼い主さんが外出するときに、犬がお留守番しなければいけないこともありますよね。

短いお留守番であれば、犬は寝て過ごしているようですが、お留守番の時間が8時間以上になると、起きて過ごす時間もあるでしょう。

ケージに入れず自由にさせておいても大丈夫な犬もいますが、飼い主さんの目が行き届かない留守番時は、ケージの中で過ごさせてあげたほうが安全なことも。

長めの時間のお留守番の際のポイント

愛犬を長時間お留守番させなければいけないときは、ケージの中が「過ごしやすい環境になっているか」が大切に。

排泄したり、歩きまわったり、眠ったりできる広めのスペースを用意してあげてくださいね。
家のなかで自由にさせる場合も、ケージに出入りができる状態にしてあげてください。

1/2ページ

最終更新:9/21(土) 8:30
いぬのきもち WEB MAGAZINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事