ここから本文です

マイケル・ジャクソンが気に入った作品も……いのまたむつみが40年描き続けた作品たち

9/21(土) 11:00配信

文春オンライン

 70年代末からアニメーター、イラストレーターとして活躍するいのまたむつみさん。昨年画業40周年を迎え、その集大成となる画集 「Sanctuary」(復刊ドットコム 3700円+税) が刊行された。2000点以上の作品の中から厳選した375点を収録。

【写真】この記事の写真を見る

「40年……うー、つらいと思いながら描き続けてきました。手彩の作品を中心に、展覧会や他の画集に出してないものや、マイケル・ジャクソンが好きだった絵も入っています(笑)」

 1987年に来日したマイケルが「宇宙皇子(うつのみこ)」の画集を気に入り、マイケル本人から会いたいと言われた経験もあるいのまたさん。12冊目となる今回の画集は、眼力のある華奢で可憐なキャラクターの描き方が分かる解説付きで、ラフ、線画、顔の周りや衣裳の塗り方が紹介されている。また6月に亡くなられた田辺聖子さんの「おちくぼ物語」や「とりかえばや物語」をはじめとする「王朝シリーズ」の装画も初収録された。

「若い頃は目指したい方向が分からず手探りでしたが、アニメの絵にイラスト的に色を塗るという画風でいこうと決めて、描き続けてきました。この画集は、キャプションや説明は一切なし。ずっしり重くてオールカラーです。締切りに追われながら苦しんで描いた40年の記念となる作品集です。『こんな絵があったんだ』という懐かしい作品もありますので楽しんで見てください」

INFORMATION

いのまたむつみ展
9月21日~10月6日
有楽町マルイ8階イベントスペース

「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年9月26日号

最終更新:9/21(土) 11:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事