ここから本文です

サンドウィッチマンV2、和牛大躍進 「好きな芸人」「嫌いな芸人」2019ランキング結果発表

9/21(土) 11:00配信

文春オンライン

 毎年恒例の「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケートも今年で3回目。今やバラエティ番組にとどまらず、ニュース、ドラマ、CMと、活躍の場を広げている芸人の世界で、その人気の“地殻変動”は起こっているのか。吉本興業「闇営業問題」の影響はどれほどか。2019年の最新ランキングを紹介する。

【ランキング】「嫌いな芸人」ワースト10

サンドウィッチマン、幅広い支持で圧倒的強さ

 今回のアンケートは、8月30日までの45日間実施し、過去最多の5200を超える投票を集めた。回答者は男女ほぼ半々で、年齢は10代から80代まで幅広かった。

 まず、「好きな芸人」部門のトップに立ったのは、サンドウィッチマン。昨年に引き続いての王座で、連覇達成となった。幅広い世代から支持を受け、データを分析しても全世代でベスト3入り、全地域でベスト5入りとまさに、「国民的人気」を示す結果になった(地域別、世代別ランキングほか、データの詳細は 【超深掘り8千字版】 を公開中)。

「地元ですし、裏表がなくお笑いに対する情熱があり、好感がもてます。ずっとずっと頑張って欲しいです」(女・40)

 上の宮城県の女性のコメントに代表されるように、東北人から絶大な支持を集める一方、東北を抜いた全国ランキングを集計しても堂々の1位。年齢別でも20代から60代までの幅広い層から票を獲得し、男女別に見てもほぼ同数の支持。

「イジりや暴力ではなく『ネタ』や『話術』で笑わせてくれるという現代では珍しい正統派のコメディアン」(男・30)

「漫才はもちろんおもしろい。またNHK総合の『病院ラジオ』(サンドウィッチマンが病院に出張ラジオ局を開設し、患者や家族の本音を聞き出す番組)は企画も最高で、お二人の優しさがにじみ出ていて大好きです」(男・59)

「笑いに貪欲で売れた今でもネタ作りに余念がないところがすごい。ファンを本当に大切にしている姿が素敵で、ファンレターのお返事が来たときは本当に感動した」(女・33)

 お笑い評論家のラリー遠田氏は、次のように解説する。

「サンドウィッチマンは嫌う要素がない芸人。毒舌なしのクリーンな芸風でネタが面白い。人柄もいい。復興支援の慈善活動も続けている。減点ポイントがないのが強みです」

1/6ページ

最終更新:10/7(月) 17:03
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事