ここから本文です

ザルツブルク南野拓実にビジャレアルが興味? 伊移籍情報サイトが報じる

9/21(土) 17:00配信

SOCCER DIGEST Web

CLデビュー戦で2アシストを記録

 オーストリアのレッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実に、ラ・リーガのビジャレアルが興味を示しているようだ。イタリアの移籍情報サイト『Calciomercato.com』が報じた。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋のほかにも続々! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

「ビジャレアルは、ザルツブルクのストライカー、タクミ・ミナミノとのサインに興味を持っている。日本代表のプレーヤーでもある彼は、今季の公式戦8試合で10スコアポイント(4ゴール6アシスト)を達成している。ザルツブルクとの契約は残り18か月あまりだ(2021年6月末まで)」(『calciomercato.com』)

 加入6年目を迎える南野の移籍は、今夏の移籍市場でも取り沙汰されていた。4シーズン連続で二桁得点をマークしているアタッカーへの評価は高く、ボルシアMG、レバークーゼン、RBライプツィヒといったブンデスリーガのクラブが興味を示していた。

 しかし、ザルツブルクがクラブ史上初のチャンピオンズ・リーグ(CL)本選出場を決めていたこともあって残留を選択。そのCLデビュー戦となったヘンク戦(6-2)では、2アシストを記録するなど、鮮烈な印象を残した。オーストリア人記者が、「CL第1節のベスト11入りは間違いないだろう」と称えたほどだ。

 そのヘンク戦には、100人ほどのスカウトが訪れていたという。その中にビジャレアルの関係者がいたのかもしれない。

 森保ジャパンでも不可欠な存在となっているアタッカーは、はたして1月の移籍市場でスペインへ渡るのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/21(土) 17:02
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事