ここから本文です

フィオレンティーナが「北米人オーナー」の初成功例に?【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

9/21(土) 17:32配信 有料

SOCCER DIGEST Web

バンディエーラ2人の処遇も遠隔操作

トッティに続いてデ・ロッシもいわば追い出したパロッタには、ロマニスタから抗議の声が殺到。「VATTENE(出て行け)」の文字が全てを物語る。(C) Getty Images

 カルチョに馴染まない「北米人オーナー」の象徴が、冷徹で素っ気ないローマのパロッタとボローニャのサプートだろう。一方で今夏にフィオレンティーナを買収したコンミッソはより情熱的で、明るい未来を予感させる。(文:マウリツィオ・クロゼッティ/訳:片野道郎 2019年9月5日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

 セリエAの北米人オーナーとイタリア・サッカーとの間には、ヨーロッパとアメリカという2つの大陸を隔てる大西洋よりもずっと大きな“距離”が存在している。

 ASローマとボローニャに続いて、今夏にはフィオレンティーナが北米資本の傘下に入った。ローマのジェームズ・パロッタ、ボローニャのジョーイ・サプート、そしてフィオレンティーナのロッコ・コンミッソという3人のオーナーは、そのファミリーネームが示すようにいずれも 本文:4,665文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:9/21(土) 17:32
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る