ここから本文です

フレンキー・デヨングが“壮大な音楽を奏でる”【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

9/21(土) 18:11配信 有料

SOCCER DIGEST Web

デヨングこそフットボール

A・ビルバオとの開幕戦では、アンカーの位置でフル出場したデヨング。ブスケッツに出番はなく、またしても併用は実現しなかった。(C) Getty Images

 シャビが去り、イニエスタが去り、ブスケッツにも衰えの色が見られるようになったバルサの中盤を、新加入のデヨングが支える。スアレス記者が「彼自身がフットボール」と絶賛するMFはどんなシーズンを過ごすのか。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2019年9月5日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)

―――◆―――◆―――

 今シーズンのバルセロナは、ピースが噛み合えば、他を圧倒できるフットボールができると思っている。そして、そのフットボールの中核を担うのは、アヤックス・アムステルダムから今夏加入したオランダ代表MF、フレンキー・デヨングだ。

 デヨングは、フットボールそのものを感じさせる。私の中で彼を語ることは、フットボールの優雅さ、技術の洗練、ゲーム解釈、芸術を語ることと同義。オーケストラの指揮者のようなもので、彼を中心にフットボ 本文:3,461文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込110

    PayPay残高使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:9/21(土) 18:12
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

PayPay残高使えます

もっと見る