ここから本文です

【ラグビーW杯】「緊張で10日寝られなかった」“強気の男”田村が漏らした本音に見た、日本苦戦の理由

9/21(土) 11:22配信

THE ANSWER

常に強気の発言を繰り返してきた男が漏らした極限の心理状態

 終わってみればボーナスポイントつきの勝ち点5を獲得しての白星スタートを切った日本代表。試合後のプレスルームでパソコンのキーボードを叩く手を、テレビから聞こえてきた選手のコメントに一瞬止めてしまった。

【動画】この一撃に秋篠宮ご夫妻&安部首相も拍手! 田村が美しく決めた“45メートル級PG”の実際の瞬間

「ずっと緊張していました。緊張で10日くらい寝られなかった」

 決して不思議じゃない心理状態だが、手を止めるほど驚いたのは、その言葉の主がSO田村優だったからだ。2015年大会前から代表でプレーする田村だが、取材では常に強気の発言をしてきた。たとえば、試合5日前のコメントはこんなものだった。

「(ワールドカップで目指したい攻撃の形を聞かれて)試合を見てください」

「(前回大会の五郎丸の役割りを担うという質問に)僕、五郎丸さんじゃないので」

「(SOの出来がチームを左右すると思うが――という質問に)まずラグビーは15人でやるスポーツなんで」

 あまりにもうんざりする質問内容の影響もあったが、常に物怖じしない発言が、いまや田村のキャラクターとなっている。だが、この日は開幕戦に臨んだ心理状況を素直に語っていたのだ。

 もちろんこの日のプレーぶりを見れば、強気の発言を控えた理由がわかるはずだ。キックオフのボールを主将のFLリーチ・マイケルが捕球ミスすると、そのボールを背後のNO8姫野和樹がノックオン。そのミスが伝播したように、田村も自陣インゴールからのキックをロシア選手にチャージされ、直後のFBウィリアム・トゥポウの捕球ミスから先制トライに結び付けられた。

いつもの田村に戻った試合後「やっとラグビーができるという感じ」

 大会開幕前までのキャップ数は58。百戦錬磨の田村だからこそ、自分とチームが平常心でプレーできていないことは手に取るようにわかったはずだ。素直に緊張を認めるしかなかったほどの立ち上がりだった。

 この日のロシア代表は、明白なゲームプランで挑んできた。今月6日に日本が7-41と圧倒された南アフリカ代表からヒントを得たように、密集戦に人数をかけず、2次、3次のライン防御を固めてきた。そこにロシア風の“味付け”として、闇雲にラインを上げずに、しっかりと面を作って日本に攻撃スペースを与えない防御を敷いてきた。

 参加20か国で最も勝利への重圧を受けていたのに加えて、ロシアの永久凍土のような固い防御に苦戦を強いられたが、苦闘の中で司令塔・田村の頭脳はトライのイメージを算出していた。

 密集周辺のダイレクト・プレーが武器の大柄なロシアだからこそ、横への揺さぶりは苦手なはず。日本の1次、2次攻撃は固いライン防御をしてきたが、4次、5次と連続攻撃が出来れば、外にスペースが空くはずだ。この方程式が“正解”を出したのが、前半11分、38分のWTB松島幸太朗のトライだった。最初の一撃はラインアウトからの5次攻撃、2本目もラインアウトから13次で仕留めて、ゲームの流れを引き寄せた。

 試合直後のコメントから、シャワーを浴びて囲み取材に応じた時には、田村は次を見据えていた。「このいちばんプレッシャーのかかる試合に勝って、しかも5ポイント取った。それがいちばんでしょ。(次戦から)やっとラグビーができるという感じです。プレーの精度も上がっていくでしょうし、あとは準備するだけです」。いつもの強気な田村が戻ってくれば、世界ランキング1位のアイルランドとの対戦にも、恐れることは何もない。

吉田 宏
サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。ワールドカップは1999、2003、07、11、15年と5大会連続で取材。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーワールドカップでの南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かして、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。

吉田宏 / Hiroshi Yoshida

最終更新:9/21(土) 12:27
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事