ここから本文です

<キングオブコント>コウテイ 「ネタは実家の池のカメが書いてます」「あいなぷぅは女ゴブリン」異彩放つロングインタビュー!

9/21(土) 12:38配信

ザテレビジョン

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではコウテイのコメントを紹介する。

【写真を見る】「キングオブコント2019」準決勝進出、全34組!

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

コウテイは、2013年に結成。吉本興業に所属する下田真生(写真左)と九条ジョー(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたコウテイの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

■ 「散髪屋さんと居酒屋さんのようなコンビです」

――“お笑い第七世代”と言われるコウテイさんですが、まずはコンビの自己紹介をお願いします。

下田:唯一無二のコンビですね。ほかにはいない感じのコンビだと思います。

九条:散髪屋さんと居酒屋さんのようなコンビですかね。散髪することに誇りを持つ男と、お客さんにお酒をふるまうことに喜びを持つ男のコンビ。さしずめイルカとコイのような。

――下田さんは、納得ですか。

下田:納得ですね。納得せざるを得ない…。

――どっちがイルカで、どっちがコイですか?

九条:僕がイルカですね、絶対に。

下田:そ、そうですね…、僕がコイです。

――散髪屋さんと居酒屋さんは?

九条:僕が散髪屋さんですね、どう考えても。

下田:僕が居酒屋さんですね。

――納得ですか?

下田:納得せざるを得ない…。

――(笑)。キングオブコントの出場は何回目になられますか?

九条:ほぼ毎年出てるので、5~6回目ですかね。準決勝進出は今回が初めてです。

――いかがですか?準決勝に来られて。

下田:楽しむだけです。初めてなんで。赤坂BLITZも初めてですし。笑っていただけたらと。

九条:準決勝とは思ってないですね。ここは…木のない森です。山なりの…木のない「凹(ぼこ)」ですね。この先を越えたあたりにまた新たな木があるのか、集落があるのか。それを確かめるための通過点ですね。

下田:(笑)。もう、とがり過ぎててよくわからないですけど。

――詩的すぎて(笑)。

下田:詩的、なるほど(笑)。

■ 「ネタは実家の池のカメが書いてます」

――今回のネタへの思い入れやアピールポイントをお願いします。

九条:実家の池にしゃべるカメがいまして、そのカメが書いてくれたネタなんです。

それがずっとハマってるので、カメが僕らをここまで導いてくれた。正直、自信あります。

下田:…「自信がある」というコメントだけでいいですよね(笑)。僕の自信度は…“赤保留”くらいですかね。わかる人にはわかると思います。

――…お2人そろって、謎の多いコメントになっていますが(笑)。

九条:カメ次第なんで、大丈夫です。

――そのカメは、まだ生きているんでしょうか?

九条:生きてますね。ひいひいひいじいちゃんが溶岩の中から拾ってきたんです。溶岩に命が宿ってカメになったので。まだ200歳ちょっとなんで、しばらくネタには困らないと思います。

今は実家の池にいて、カメがしゃべったネタをボイスメッセージでお母さんが送ってくれるので、そのまま相方に渡している感じです。

――ああ、そこからが下田さんの役割で…。

下田:はい、らしいです。ネタは相方が考えてるのかと思っていたら、カメでした(笑)。

――九条さんの声は、だいぶカメと似ていらっしゃるんですね。

下田:カメの声だったとは気づかなかったですね。

■ 「そいつどいつは座敷童とフランス国王末裔のコンビです」

――今回の準決勝進出者の中で意識していたり、ライバルだと思っているコンビはいますか?

九条:僕はそいつどいつですね。市川(刺身)くんの方は人間のフリしてますけど、実は座敷童なんです。秘密なんですけどね。

となりの松本(竹馬)くんは…これはホンマに言ったらダメなんですけど、フランスの国王の末裔の子なんです。

国王が日本に来たときにちょっとあって…だからフランスの国王の血を引いているんです。

――すごいコンビなんですね!このお話、書いていいんでしょうか?

九条:うーん、文章なら多分大丈夫だと思います。しゃべったらダメなんです。口頭で伝わるとウワサがウワサを呼んで大変なことになっちゃうので。

フランスの国王は確実です。座敷童はちょっと…あれですけど。

――フランス国王の件は、きっと何代か前のお話なんでしょうね。

九条:そうですね。でも顔立ち、とくに鼻の辺りは父親の雰囲気が残っている感じはしますね。“レイ”という名字やった気がします。

――下田さん、今の情報ご存じでしたか?

下田:えーっと…初耳です(笑)。

――この話はぜひ、キングオブコントのコンビ紹介VTRで使ってほしいですよね。

下田:パーパーのあいなぷぅが女ゴブリンだっていうのは知ってたんですけど。

――…!?

下田:それしか僕は…。

九条:まだあります。ビスケットブラザーズのきんさん、実は…車です。車なんです。

――人間でもないんですか!なぜその手の情報が、コウテイさんに集約されるんですか?

九条:けっこうウワサでね、耳に入ってくるんですよ。

――その意味でも今年は、注目株がいっぱいですね!

九条:そうなんです、今年はヤバイですよ。そいつどいつは特にね。公表するかどうかは本人たちの状況次第でしょうけど。

下田:これが真実かウソかは、わかりません。

――(笑)。今回、コウテイさんのインタビューだけ、ものすごく異彩を放っています。

九条:あ、そうなんですか?(笑)

■ 「北山水泳は胸板がデカすぎて、一人で舞台埋まります」

――では、今回のキングオブコント出場にあたり、親しくしている芸人さんから何かお言葉はありましたか?

九条:ああ、それは…(下田を指さす)。

下田:お前、こんだけ色々言った後にワシに話させるん(笑)?

僕は、霜降り明星の粗品さんから準決勝が決まったときに「おお、よかったな!頑張ってこいよ」と言っていただきました。

どのネタをするのかお伝えしたら「おお、あれか。面白いからいけると思うで!頑張ってきて」と。

九条:同期にチャイルドプリンスというすごいコンビがいて、ボケの北山水泳くんはマスターズ世界水泳で1位になっているんです。彼は胸板がすごすぎて、舞台に出ると北山くん一人で埋まります。大会に出ても、1レーンから6レーンまで北山くんです。7・8レーンが別の出場者で、3人で争うらしいです。そんな北山くんが、僕の背中を3回だけ叩きました。

下田:どうせならラストオーダー織田のことを言うたれ! 織田は同期やけど、北山は後輩やろ!(笑)

■ 「優勝したらNGKの壁を鈍色にします!」

――ところでお2人は普段、漫才もされていますよね。

九条:はい、コントと漫才、どちらもやっています。

――がっつり二刀流?

九条:そうですね。漫才・コントにかぎらず“コウテイ”をやってる感じですかね。コウテイというジャンルをやっているというか。

僕らは“コウテイ”という一つのジャンルなんです。たまたま今回はコントなだけで。

――そのジャンルは、今回のインタビューからも伝わってきます(笑)。では、優勝賞金1000万円の使いみちは?

下田:2人で半分だから、一人500万円…僕はギャンブルしますね。競馬で、500万円を1000万円にします。

500万円を一気に入れたらオッズが変わっちゃうんで何回かに分けて、堅いところに入れていきたいと思います。で、1000万円にもどします。

――ギャンブルで負けたら終わりですね。

下田:その時はまた優勝します。

――カッコいいですね!

九条:僕は2000円札が好きなので、ぜんぶ2000円札に替えます。

あとは、普段大阪で活動しているので、NGK(なんばグランド花月)の外観の色を…鈍色(にびいろ)にします。今は白を基調とした感じなので。

――なるほど(笑)。では最後に、今回のキングオブコントにかける意気込みをお願いします。

九条:ズィーヤ☆

下田:OK釈迦地蔵!

コウテイの決勝進出なるか!?そして優勝は?「キングオブコント2019」は9月21日(土)夜6:55-9:54ほか、TBS系で放送。(※一部地域は夜7:00より放送)(ザテレビジョン)

最終更新:9/21(土) 12:38
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事