ここから本文です

相葉雅紀がナレーションで再び、20歳になった“21人の輪”を見つめる

9/21(土) 16:50配信

ザテレビジョン

嵐・相葉雅紀がナレーションを務める「明日へ つなげよう『21人の輪~二十歳になった子どもたち~』」(朝10:05-10:53)が、9月22日(日)にNHK総合にて放送される。

【写真を見る】小学校の教室で撮影された“21人の輪”

2011年の震災後、相葉は、福島県沿岸部、相馬市磯部地区に暮らす子どもたちが教室に寝そべり、輪になった写真を知った。みんな満面の笑顔で楽しそうにしている写真だ。

そして、子どもたちは卒業前に「もう一度同じ構図で写真を撮ろう」と約束していた。しかしその願いは、かなうことがなかった。

2011年3月11日に東日本を襲った地震と大津波。子どもたちが暮らす磯部地区も大きな被害を受けた。友達の一人は亡くなり、38km離れた東京電力福島第一原発で起きた事故の影響を恐れ、避難した子どももおり、ばらばらとなってしまった「21人の輪」の子どもたち。

相葉は震災の中を懸命に生きる子どもたちを、1年間にわたり記録した「21人の輪」という番組のナレーターとして見守った。

そんな「21人の輪」の子どもたちは今年20歳を迎える。仕事や学業のため東京で暮らす者、ふるさと磯部に残る者など、みんなが一堂に会する機会はほとんどないが、ふるさと磯部の伝統の「盆踊り」を取り仕切るため、この夏再び磯部に集まった。

震災から8年、地元に残り遅々として進まない復興に不安を抱える子や東京に出たことで逆に故郷への思いを強くしたという子、仕事に集中するため、今は故郷に戻りたくないという子。夏祭りに向けて交錯する20歳を迎えた子どもたちのそれぞれの思い、変わりゆく「21人の輪」、そのひと夏を相葉が再び見つめる。(ザテレビジョン)

最終更新:9/21(土) 16:50
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事