ここから本文です

ヒット映画「米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」を軸にドキュメンタリー映画製作の意義を探る

9/21(土) 13:38配信

ザテレビジョン

9月22日(日)放送の「TBSレビュー」(第2・第4日曜朝5:40‐6:00)は、「テレビ局がドキュメンタリー映画を製作する意義」を取り上げる。

【写真を見る】映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」の1シーン

「TBSレビュー」は、『視聴者とTBSをつなぐ窓』を標榜し、視聴者からの意見を紹介しながら、TBSおよび放送全般が抱える問題について幅広く取上げ、検証していく番組。キャスターを豊田綾乃TBSアナウンサーが務める。

9月22日放送では、「テレビ局がドキュメンタリー映画を製作する意義」を特集。

TBSは、2017年にドキュメンタリー映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」を製作。局としては初めて製作したドキュメンタリー映画だったが、異例のヒットを記録。2019年夏には、その第2弾「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」を製作し、全国各地で公開している。

なぜテレビ番組ではなく映画として製作するのか。また、テレビ局にとってドキュメンタリー映画というジャンルはどんな意義があり、どんな可能性を見いだせるのかを、ドキュメンタリー映画製作にかかわるゲストとともに考えていく。

出演は、ドキュメンタリー映像作家の大島新、TBS報道局所属で「米軍が最も恐れた男」シリーズ監督の佐古忠彦、TBS報道局兼事業局映画アニメ事業部プロデューサーの藤井和史の3氏。

大島氏はフジテレビで「NONFIX」「ザ・ノンフィクション」などを手掛け、退社後、TBS系「情熱大陸」やNHK「わたしが子どもだったころ」などを担当。2007年のドキュメンタリー映画「シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録」で、第17回日本映画批評家大賞ドキュメンタリー作品賞を受賞している。

■ 映画「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」紹介

2017年8月12日から沖縄で先行公開された映画第1弾「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー」は、占領下の沖縄で米軍の圧政と戦った政治家・瀬長亀次郎の生き様を描き、数々の賞を受賞、ドキュメンタリー映画として高く評価された。

これに続き、カメジローの生涯をさらに深く掘り下げ、復帰に向けた沖縄の激動を描いた第2弾が「米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」。

第2弾では、詳細に書き残された230冊を超える日記から、カメジローの闘う生き様と心に宿した「不屈」の精神を読み解き、カメジローを信じ抜いて支えた妻や娘とのエピソード、闘いの日々で断絶した父との関係、恩師との絆など、前作からさらに踏み込んで「人間・カメジロー」の素顔を浮かび上がらせる。

2019年8月17日より沖縄・桜坂劇場で先行公開、24日より東京・ユーロスペースほかで全国順次公開されており、桜坂劇場では公開初日100メートルもの長蛇の列が出来、初日日計動員が前作を上回る大ヒットスタート。各地で好評を博している。(ザテレビジョン)

最終更新:9/21(土) 13:38
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事