ここから本文です

韓国神童MFが「世界を驚かせる」 圧巻の6連続“ゴール直撃”に海外脱帽「メモリアル」

9/21(土) 7:10配信

Football ZONE web

18歳のイ・ガンインがCLチェルシー戦のハーフタイムに自慢のテクニックを発揮

 バレンシアの韓国代表MFイ・ガンインは、現地時間17日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節チェルシー戦(1-0)で途中出場し、CLでプレーしたクラブ史上最年少の外国籍選手(18歳6カ月28日)として名を刻んだ。一方で、ハーフタイムのウォームアップで披露した圧巻のテクニックに対する反響が拡大している。

【動画】「メモリアルなウォームアップ」と反響…バレンシアMFイ・ガンインの6連続バー&ポスト直撃ショー

 バレンシアはCL初戦のチェルシー戦、後半29分にスペイン代表MFダニエル・パレホのお膳立てからスペイン代表FWロドリゴが決勝ゴールを挙げ、プレミアの強豪を1-0で破った。

 注目が集まっているのは、試合のハーフタイムに行われたバレンシアのウォームアップだ。ゴールから約25メートルの位置にセットされたボールに対し、イ・ガンインが左足を振り抜くと、ボールは綺麗にクロスバーを叩く。続けて放った一撃が右ポストを直撃すると、今度は利き足とは逆の右足でやわらかく蹴ったボールもクロスバーをヒット。同僚がチャレンジするも失敗するなか、イ・ガンインは続けざまに左足、右足、左足で打ったシュートも連続してクロスバーに当たり、練習ながらキック精度の高さを見せつけた。

 スペインメディアもこぞって反応しており、スペイン紙「AS」が「バレンシアには爆撃機がある」と表現すれば、スペイン紙「マルカ」も「サッカー界を驚かせるメモリアルなウォームアップ」と動画付きでレポート。スペインメディア「Libertad Digital」は「未来をリードする真珠」とイ・ガンインのポテンシャルを高く評価している。

 また、韓国のサッカー専門サイト「インターフットボール」は、敵地スタンフォード・ブリッジのチェルシーファンからも声援があがったことを伝えていた。後半45分に途中出場し、CLでプレーしたクラブ史上最年少の外国籍選手(18歳6カ月28日)となったイ・ガンインは、アルベルト・セラデス新監督の下で重宝されていきそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/21(土) 7:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事