ここから本文です

バルサ、伝統のストライプ柄ユニフォームが来季復活へ “チェック柄”は1年で終了か

9/21(土) 18:50配信

Football ZONE web

スペイン紙が新デザインをリーク お馴染みの2色に黄色のラインも…

 スペインの名門バルセロナは、今季から着用するユニフォームが伝統のストライプ柄からチェック柄へと変更され、ファンの間では物議を醸した。そうしたなか、来季には早くもストライプ柄へ回帰する可能性が浮上している。スペイン紙「スポルト」が新デザインをリークした。

【画像】今季の“チェック柄”が不評だった!? バルセロナの来季新ユニフォーム画像が流出、伝統の2色に黄色も入った“ストライプ柄”

「多くのサポーターが新しいスクウェア・デザインに慣れ始めたところだが、カタルーニャのクラブとナイキは2020-21シーズンにストライプに戻すと決断した」

 記事ではこのように記されており、ナイキ社が今季から新たに取り入れたチェック柄のユニフォームは、わずか1年限りのものになるようだ。

 来季に向けては、100年前のデザインから着想を得て、お馴染みの青色と臙(えんじ)色に加え、黄色のラインが入った新しいストライプ柄デザインになるとリーク。胸には引き続きメインスポンサー「RAKUTEN」の文字が入った画像が公開され、話題を呼んでいる。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/21(土) 18:52
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事