ここから本文です

SKE48・北川綾巴 卒業に盟友・松本慈子からの涙の手紙「一緒に選抜に入りたかった」

9/22(日) 12:30配信

エンタメNEXT

SKE48北川綾巴の卒業公演が21日(土)、名古屋のSKE48劇場で開催された。Wアンコール後の卒業セレモニーでは盟友・松本慈子が手紙を読んだ。
9月いっぱいでの卒業を発表している北川綾巴は、2012年に6期生としてSKE48に加入。16thシングル「12月のカンガルー」では表題曲センターに抜擢され、2017年からはチームSのリーダーも務めている中心メンバー。松本慈子は北川の約1年後輩のドラフト1期生で、チームSの副リーダーを務めている盟友だ。

【写真】最後はいつもよりも美しく、SKE48のクールビューティー・北川綾巴の劇場最終公演【10点】

仲良し「慈巴(じっぱー)」コンビの相方の卒業に、松本は涙をこらえながら語りかけた。(手紙は一部抜粋)

     *     *     *

綾巴さんへ

私が一緒に過ごしてきた北川綾巴という人は優しさの塊でできています。

いつか綾巴さんが言っていた言葉「今まで自分が活動してきて辛いことがあった時、他のメンバーにこんな辛い思いはしてほしくない」。その言葉の通り、初選抜で緊張しているメンバーを見かけた時には、真っ先に声をかけてその子に寄り添ってあげていました。それは私がチームSに昇格した時も。チームに同期がいなくて一人ぼっちだった時、緊張をほぐしてくれようと、綾巴さんも人見知りなのに、たくさん声をかけてくれましたね。

初期の頃は、お互いチームの末っ子でわちゃわちゃして、楽しく毎日を過ごしていましたね。でも月日は流れて、お互いがチームのリーダーと副リーダーを担うようになりました。いざ自分たちがみんなをまとめる立場になった時、どうすればいいのかお互い分からへんくて、たくさんチームのことで話し合うようになりましたね。綾巴さんはめちゃめちゃ優しいから、けして厳しいことを言って、まとめるタイプではなかったけど、その分、一人ひとりに愛を持って接し、みんなをまとめてくれました。

振り返ってみれば綾巴さんがリーダーとしていちばん大変な時期にちかは何もしてあげられなかったです。話を聞いてあげることも、辛い時に側にいてあげることも。先輩が少ないチームやからなかなか相談する先輩も少なくて、一人でたくさん抱え込んでいたんだなぁと思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

その上、リーダーの重圧だけではなく、エースとしてセンターに立つプレッシャー、様々な番組でのMC、たくさんの重圧を背負ってきて、そんな中でも後輩や私の前では絶対に弱いところを見せへんかった綾巴さん。

アイドルが好きでアイドルになったのに、いざなってみると、楽しいことだけじゃなくて、辛いことの方が多かったと思います。前にいる人には前にいる人の悩みがあって、後ろにいる人には後ろにいる人の悩みがあります。誰もが上を目指すからこそ悩みはつきものです。みんながみんな、納得することなんてなかなかないし、いい言葉だけじゃなくて、悲しくなる言葉もたくさん言われたことがあると思います。心で一つひとつ受け止めて、多くのことを綾巴さんは乗り越えてきたんだなって改めて思いました。

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 12:30
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事