ここから本文です

誰もが1枚は持っているはず! クラシックな「スカーフ」のスタイリング方法5選

9/22(日) 18:20配信

ハーパーズ バザー・オンライン

素敵なプリントにリュクスなシルクの質感が理想的なスカーフがあれば、ヴィンテージ感のある洗練さとディテールをプラスしてくれて、どんなアンサンブルもたちどころにエレガントに変身! 歴史あるブランドは、何十年も前からプリントスカーフを販売していて、タイムレスなアクセサリーとなっている。でも、クールガールなら、2019年はスカーフをどう使いこなしたらいい? スカーフのスタイリング術をマスターして、毎シーズンのルックを新鮮でモダンにキープしよう。

【画像】この秋注目のリュクスなバケットハットBEST10

1:バンドゥ・トップ

スカーフを平置きしてから対角線に沿って折り、両隅を真ん中に折って、さらにそれを二つ折りに。

2:ツイスト&ラップ

スカーフを三角にたたんでから、細いシルエットになるようにねじって腕に巻きつけ、ほどけないように結んで。

3:クラシックなバンダナスタイル

ヘアを低い位置のシニョンにするか、うなじのあたりに垂らして、スカーフは対角線でたたんで三角形に。後頭部で両端を結べばOK。

4:チョーカー

シルクスカーフを三角形にたたんでから、クルクルと巻く。それを首の周りに巻きつけて後ろでクロスさせてから、顎の下でふんわりと結ぶ。スカーフの端の長い部分を首の左右どちらかに垂らして。

5:レトロなターバンスタイル

スカーフを2つに折って三角形を作り、額の上に沿うように三角形で頭部を覆って、両端を顎の下でクロスさせてから、首の後ろで結ぶ。この上品なルックには、オーバーサイズのシルクスカーフがベストだ。

Translation: Mitsuko Kanno from Harper's BAZAAR.com

最終更新:9/22(日) 18:20
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事