ここから本文です

『スター・ウォーズ』最終章の先行きが危ぶまれている? その噂の真偽

9/22(日) 12:12配信

WIRED.jp

※記事はスター・ウォーズに関する公開情報やインタヴュー、噂などに基づくもので、ネタバレにつながる情報が含まれていることがあります。十分にご注意ください

【動画】『スター・ウォーズ』最終章の新予告編をみる

ディズニーのファンイヴェント「D23 Expo」での発表はどれも驚きだった。ただ、多くの人はまだ衝撃から回復していないのではないだろうか。

だが、ゲームでもやれば少しは気分が変わるかもしれない。9月末には人気ゲーム『スターウォーズ ジェダイナイト2:ジェダイアウトキャスト』が、Nintendo SwitchとPlayStation 4向けにリリースされる。SwitchもPS4ももっていないなら、もうあきらめて12月までの3カ月は何とか時間つぶしでもするしかない──。そう割り切る以外に、どうしようもないだろう。

最終章は暗礁に乗り上げた?

情報源:ネットの無責任な書き込みが発端だが、監督ははっきりと否定している。
信憑性:スター・ウォーズを嫌う人たちがいるのは確かだが、この噂については完全に大嘘だ。
実際のところ:ネットでスター・ウォーズ関連の話題を追いかけているファンは、最終章『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が大きなトラブルに見舞われているという噂が広まっていることに気づいたと思う。あまりの混乱のため、現段階ではディズニーですら今後の方向性が見通せないというのだ(こんなバカバカしい話を広める理由もないので、今回はネタ元のサイトへのリンクは貼らないでおく)。

それではなぜこんな噂に言及するかといえば、単にこれが根も葉もないデタラメであることをお知らせしておきたいからだ。監督のJ.J.エイブラムスは過去に、製作開始後かなり早い段階で作品の結末は決まっていたことを認めているし、D23の合間に行われたテレビインタヴューでも、編集段階でストーリー面での変更はほとんどなかったと話している。

エイブラムスは「今回の編集作業は本当に普段とはかなり違っていたんだ。作品に必要な映像がほとんどすべて手元にあった。いつもはこんなふうにはいかないんだけどね」と語ったあとで、「とにかく、終わりは終わりってことだよ」と言い切っている。

もちろん、エイブラムスと編集作業に携わったスタッフ以外には「終わり」が何を意味するのかはわからないが、少なくとも最終章の完成が危ぶまれているという大嘘には騙されないでほしい。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 12:12
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事