ここから本文です

モードブランドのダブルジャケットならクラシックになり過ぎない!【秋のジャケット】

9/22(日) 8:02配信

GOETHE

ダブルジャケットが見直されているのは、制服然とした凛々しさゆえ。だが、クラシックに振れすぎることも。 そこで吟味したいのがモードメゾンのダブルだ。斬新かつ洒脱な解釈により、男らしいダブルをモダンに楽しめる。

人間の英知と自然の造形美がジャケットに無二の存在感を与える

右/職人がベルルッティ独自の彩色技法パティーヌの作業を行う古い大理石のテーブルから着想した、着こんだようなランダムな模様のダブルジャケット。構築的フォルムと、悠久の時をかけて自然が創造した表情との対比が新鮮で美しい。

ブルならではの凛々しさをモードへと昇華する卓越のデザイン

中/ムッシュ ディオールが愛したハウンドトゥース柄のスーツ。ゆったりとしたボクシーなシルエットをベースに、胸元のストラップやフラップポケットでモダンにアレンジ。ダブルらしい凛々しさはそのままに、新たな魅力を吹きこむ秀逸なデザインに脱帽だ。

着る者の二面性をも引きだす伝説のデザイナーの創造力

左/フェンディが2019年秋冬のゲストデザイナーに迎えた、カール・ラガーフェルドのスケッチからインスパイアされた1着。ラペルのデザインが左右で異なっており、ブランドのDNAであるデュアリズム(二面性)が表現されている。端正にも斬新にも映る独創的な佇まいだ。


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)Photograph=前田 晃(モデル)、隈田一郎(静物)Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)

最終更新:9/22(日) 8:02
GOETHE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事