ここから本文です

世界に一つの可愛い“ノート”が作れる!話題の文房具店「カキモリ」に行ってみた【東京】

9/22(日) 12:30配信

じゃらんニュース

秋と言えば、「芸術の秋」!読書したりアートを鑑賞したり絵を描いたり…新しいことを始めたくなりますよね。そんな時に揃えたくなるのが文房具♪可愛いノートやペンが手元にあるだけでなんだかワクワクしちゃいます。

そこで今回は、世界にたった一つのオリジナルノートとインクが作れるという今話題の文房具店『カキモリ』に、じゃらん編集部の前田が潜入!「どんな種類がある?」「どうやって作るの?」など、実際に体験してきました。

この秋は可愛い文房具を新調して、新しいこと始めてみませんか?

東京・蔵前にあるおしゃれな文房具店「カキモリ」

初めて訪れた東京下町エリアにある蔵前は、程よい感覚でおしゃれなショップが立ち並んでいて、街歩きにもぴったり!そんな素敵な場所にひっそりと佇む『カキモリ』では、ノートやペン、レターセットにペンケースなど、可愛い文房具がずらりと並んでいました。

「ここの空気を吸うだけで、もう幸せ…」と癒されていると、なにやら店の奥側で女子たちがひしめき合うエリアを発見!なんとここで、世界に一つだけの可愛い「オリジナルノート」が作れるんです♪

世界でたった一つの「オリジナルノート」を作ってみる

まずはこちらのノートを見てください!今回自分で選んで作ったのですが、我ながら「可愛らしいノート」に仕上がりで、自画自賛♪

皆さんが行ったときに最高の1冊が仕上がるよう、選ぶときのポイントも合わせてご紹介していきます!

棚にはノートのパーツとなる可愛い素材がずらり並んでいます。まずはB5サイズ(大学ノートサイズ)のタテ・ヨコか、B6サイズ(B5の半分)のタテ・ヨコの4種類から用途に合った大きさを選びます。私は持ち運びしやすいB6サイズで、おしゃれな人が使うイメージがあるヨコ向きに決定しました!

ここからは、4つの過程を経て完成します。「意外とすぐに出来そう!」と思った方、そう思うでしょ?でもこれが種類多すぎて、選び切れないんです!!!

【最高の1冊に仕上げるポイント1】一日中迷っていられる「表紙選び」
まずは、ノートの“顔”となる「オモテ表紙」と「ウラ表紙」を選びます!革やコットン、紙など様々な素材や色が常時60種類以上も揃えられているんですよ。さらに季節によって入れ替わる柄物もあるそうで、この中から2枚に絞るなんて苦行すぎます。

1/4ページ

最終更新:9/22(日) 12:30
じゃらんニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事