ここから本文です

42歳トム・ブレイディ、人生の頂点へと導くプレイブック

9/22(日) 21:10配信

エスクァイア

このたび『メンズヘルス』はバハマにて、日本で言うところの強化(夏)合宿といった意味合いのビーチ・ブートキャンプに励むトム・ブレディ選手のもとへ。合間を見つけて独占インタビューを行うことに成功しました。そこで現時点、NFL最高クォーターバックである彼の日常…トレーニング、ウェイトコントロールに加え、新たなシーズンへの目標に関して様々な秘密を明かしてもらいました。

【写真11枚】NFLスターのトム・ブレイディ&ジゼルの愛の軌跡

 時刻は8時35分…バハマ諸島にあるプライベートリゾートで、これ以上にないくらい透き通った空気の中、眩(まばゆ)い朝を迎えます。

 風のささやきがヤシの木々に、サラサラと心地いいパラフレーズを奏でさせている中を、我々はゴルフカートに乗って1本道を抜けていきます。両脇の色鮮やかな花々によって、この日が素晴らしい日であることを早くも納得させてくれています。やがて我々は、フットボールフィールドに到着。引かれたばかりのラインのホワイトが眩しく、さらに両端にそびえ立つイエローのゴールポストが、我々の胸を心地よく躍らせます。

 「シーガルズギャラリー」(クラブハウス)に立ち寄ると、そこにトム・ブレイディ選手と彼のトレーナーである親友であり、「TB12」共同創設者でもあるアレックス・ゲレロ氏、そしてブレイディ選手のアシスタントのケビン・ボナー氏の3人がトレーニングの準備をしているところでした。そして他には誰もいません。

 直接会ったブレイディ選手は、42歳というリアルな年齢よりはるかに若く、知らない人なら間違いなく、30代中盤くらいにしか見えないでしょう。「実は、それほどハンサムじゃなかったよ…」などと、帰国後の話のネタになるものはないかと、あら探しをしようとしていた自分が恥ずかしく思えるほど、そこらのセレブたちとは全く違って、とても寛容であり人間的な奥深さも感じさせる紳士でした。また、当然ながら背は高く、分厚い体躯も誇っています。

1/19ページ

最終更新:9/22(日) 21:10
エスクァイア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事