ここから本文です

顔のでっかいほくろが気になる!自分で取っていい?ガンじゃないよね?【こっそり相談。ViVi保健室】

9/22(日) 15:30配信

NET ViVi

人には聞きづらい“女子の保健室的なお悩み”

専門家にしっかり取材をして信頼できるアドバイスをもらおう!という企画『ViVi保健室』! 今回のお悩みは顔のほくろについて。チャームポイントになることもあるほくろだけど、ついてる位置や大きさによっては乙女ゴコロを悩ませることも……。いらないほくろは手術やレーザーで取れるのか? プロに聞いてみました。

今回の相談

Q.鼻の下にあるでっかめのホクロが悩みのタネ。「鼻くそついてるよ?」なんて言われたりするし、なんだか最近大きくなってきた気がするし。病気だったらどうしよう? どうにかしてホクロとサヨナラできないかな? クリニックに行くのは面倒だから、自分でどうにかできると嬉しいのですが……。

答えてくれる先生はこの人!

佐藤卓士先生

医学博士。
美のプロからも絶大な支持を得る人気クリニック「アヴェニュー表参道クリニック」院長。大学病院などで多くの経験を積んだ、頼れるドクター! 誠実な対応とピカイチの技術で「この先生にならすべてをお任せできる!」とのラブコール多数。

-----
A-1:ホクロが大きくなってきたからといって病気とは限りません。
A-2:レーザー、電気メス、手術……ホクロの除去には大きく分けて3種類の方法があります。
A-3:ホクロ除去のセルフケア、ダメ絶対!
-----

A-1:ホクロが大きくなってきたからといって病気とは限りません。

基本的に、ホクロ自体は多少大きくなったからといって、即病気ということはありません。ただし、短期間で大きくなった場合には念の為、皮膚科を受診した方がよいでしょう。

また、1.大きさが6mm以上ある 2.形がいびつ 3.肌との境界線が不明瞭 4.デコボコしている 5.色がまだら、この5つの条件を満たした場合にも受診をおすすめします。悪性腫瘍であるメラノーマや基底細胞のガンの危険がありますから。ただし、これらの病気に10~20代前半でかかることはごくまれなので、それほど心配する必要はないでしょう。

A-2:レーザー、電気メス、手術……ホクロの除去には大きく分けて3種類の方法があります。

ホクロを除去したいのであれば、方法は大きく分けて3つあります。まず1つめはレーザーです。メラニンに反応するレーザーを使って色素を薄くしていく施術は、平らなホクロにおすすめ。盛り上がり自体はレーザーではどうにもできませんから。輪ゴムで肌を弾かれたような軽い痛みと少々の赤みを伴います。

どれくらいで消せるかはホクロの深さによるためケースバイケース。1~2回で目立たなくなることもあれば、10回以上の施術が必要なこともあります。2つ目は電気メスで削るという方法。これは5mm以下のあまり大きくないホクロにおすすめで、縫わなくてよいので比較的トライしやすいというメリットがあります。3つ目は切って縫う、いわゆる手術にあたる施術。手術といっても短時間ですみますし、1週間くらいで傷跡も目立たなくなります。

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 15:30
NET ViVi

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事