ここから本文です

その使い方、間違ってるかも……!消費増税の駆け込み購入前に知りたい、家電の正しい選び方&使い方

9/22(日) 20:04配信

Suits-woman.jp

5年振りの増税まで、もうあとわずか。「ずっと迷っていたけど、消費税が上がる前にアレ買っちゃおうかな」と“お高い”商品の購入を検討されている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は駆け込み購入前に知っておきたい、最新家電の正しい使い方・選び方について徹底解説。総合家電エンジニアが考える、ライフスタイル別の“マストバイ家電”についてご紹介します。

テックマークジャパン主催「最新家電の正しいセミナー」に登壇したのは、テックマークジャパンオペレーション部の本田宏行(ほんだ・ひろゆき)さん。本田さんは、多種多様な家電製品の幅広い専門知識が必要となる「総合家電エンジニア」の資格を保持する、いわば“家電選びのプロ”です。

令和時代の「新・三種の神器」を長持ちさせるには?

テックマークジャパンが全国の20~50代の男女400名を対象に実施した意識調査によると、「スマートフォン(携帯電話)」「薄型テレビ」「ロボット掃除機」が今もっとも選ばれている家電であるとのこと。また、8割を超えるユーザーが長期使用を前提として家電を購入しているという結果になりました。では、どのように使用すれば家電をより長持ちさせられるのでしょうか。

【スマートフォン(携帯電話)】
スマホにとって致命的なのが、電池が満タンになった状態で充電し続ける「過充電」と完全に電池を使い切って放置する「過放電」です。また、発熱量が多くなる充電中の使用も負荷がかかってしまうので要注意!10%以下になるまで使い切らず、適切なタイミングで充電を繰り返すのが電池を長持ちさせる秘訣です。

【薄型テレビ】
場所を頻繁に動かさないテレビや周辺機器は、たまりがちなホコリや細かなゴミに気を付けましょう。また、湿度の高い水回りの近くに設置するのも故障の原因になりかねません。メーカーに清掃を依頼するなど、1年に1度は内部までしっかり清掃するように心がけてくださいね。

【ロボット掃除機】
ロボット掃除機の故障の原因として多いのが、異物吸引や家具の転倒による衝撃です。ロボット掃除機を動かす前は、小さなアクセサリー・硬貨・ペットの排泄物が床に落ちていないか十分確認しましょう。また、センサー部分や充電端子などの本体のお手入れも忘れずに!

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 20:04
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事