ここから本文です

【婚活に疲れた30代女子が、好きな人と結婚するために】婚活の条件より運命の条件を見つけて

9/22(日) 22:41配信

集英社ハピプラニュース

私たちはただ結婚したいわけじゃない! 好きな人と結婚したいんだ! 婚活に疲れた30代女子が、自然な流れで好きな人と結婚する方法とは? 人気ブロガーのウイさんがアドバイスします。

その婚活モテのイメージ、実はもう古いんです!今となってはNGな8つのタイプの女性

アドバイスしてくれたのは… 人気ブロガーウイさん
独身男性ならではの視点で書かれた恋愛ブログ「ハッピーエンドを前提として」が、恋に不器用な女性から圧倒的支持!悩める女性を全面的にバックアップするオンラインサロン「喫茶クリームソーダ」もオープン。

『ハッピーエンドを前提としてこの世は頭のいい女、がまん強い女ほど幸せになりにくいように仕組まれている』KADOKAWA 1400円
恋に悩むアラサー女子必読。独身・彼女なしのウイさんの、男性目線の恋愛論がやさしく心に刺さる。出会い方から男性から好きになってもらう方法までしっかり指南してくれる一冊。

婚活の枠を抜けて運命の条件を考え抜く

ウイさんは30代後半の独身男性。まさにBAILA読者のターゲット層!そして、ウイさんはブログやオンラインサロンで、アラサー女性のさまざまな恋愛問題を解決してきたスペシャリストでもある。そんなウイさんが提案するのは“運命の相手の条件を自分で決める”こと。

「婚活をしている人って、必ず条件を挙げますよね。でも、だいたいは、年収や年齢などの“婚活の条件としてカテゴライズされているもの”から、選んでいる。本当に好きになるための条件はそこにはないんじゃないかと。“こういう人と会いたいな”というぼんやりした条件ではなく“この人と出会ったら心底愛せる自信があるし、愛してもらう努力もできる!”という運命の相手の条件を決めるべきです。年収や年齢などではないもっと必要な条件があるからこそ、婚活の場で好きな人を見つけられないんですよ」

その条件を探すには、まずは自分と向き合うことが必要だという。
「自分の性格から、過去の恋愛でよかったことや失敗したことまで引っぱり出してきて、向き合って考えなければいけない。それって大変でつらいことです。しかも、深く掘り下げる必要がある。たとえば、“やさしい人”では、漠然としすぎていてダメなんです。どんな人間でもやさしい部分はあるので誰でも当てはまってしまう。もっと具体的に“私の思うやさしいってどういうことだろう”を考えて、言語化する必要がある。具体的な条件を、3つくらい持っているといいですね。僕の女友達も実際に運命の条件を決めていましたが、1.女兄弟がいない 2.収入の浮き沈みがない 3.大事な話もくだらない話も聞いてくれる、この3つでした。もちろん彼女は、すべての条件に当てはまる人と結婚!条件設定が難しい場合、誰かにアドバイスをもらうといい。僕にも何人かアドバイスをくれる方がいますが、例外なく既婚者の年下女性です。まったく違うフィールドにいる人のほうがより客観視してくれるので、有益なアドバイスをくれます」

運命の条件が決まれば、相手を見つけやすくなり、結婚への近道になる。さらに、ときめきも得られるそう!「だって、めちゃくちゃ考えて出した運命の相手の条件にハマっている相手が見つかったら“出たー!!!ここにおった!”ってテンションになりませんか?僕はなります(笑)。逆シンデレラですよ。王子さまは、魔法のかかってないシンデレラに会えたとき、死ぬほどときめいたと思うんですよね。街中探しても見つからないことで思いが募っていたはず。だから、小さめの靴を作るイメージで、条件を考えてみてください。運命の条件が決まったなら、婚活なんてやめても大丈夫!出会いの場に行くことだけやめなければ、好きな人と出会って、結婚できると思います」

ときめきの積み重ねの先に結婚があってほしい!
求めているのは、婚活じゃないんです。恋なんです。「きゅんから始まるラブストーリーが欲しい!結末は結婚のハッピーエンドで!」(33歳・看護師)

イラスト/いいあい 取材・原文/東美希 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉

最終更新:9/22(日) 22:41
集英社ハピプラニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事