ここから本文です

意外と野心家? 吉沢亮の大河「青天を衝け」が期待できるこれだけの理由

9/22(日) 8:40配信

オトナンサー

 2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の主役が俳優の吉沢亮さんに決まりました。発表されたのは、NHK連続テレビ小説「なつぞら」で「天陽くんロス」をもたらした印象的な最期からわずか数日後のこと。ファンには、うれしいサプライズだったでしょう。

【写真】「キングダム」で共演した吉沢亮さん、山崎賢人さんらの集合ショット

「独眼竜政宗」の渡辺謙をほうふつとさせる抜てき

 この起用、大河の歴史においても異例なことです。朝ドラから大河へというステップは、2020年の「麒麟がくる」で主役を務める長谷川博己さんと似ているものの、こちらは既に40代。一方、吉沢さんは27歳になる年に大河を演じます。主役を務めた男性俳優の最年少は「義経」(2005年)の滝沢秀明さん(当時23歳)ですが、選ばれた時点でもう国民的アイドルと呼べる存在でした。

 キャリアや年齢、経緯という意味で思い出されるのは、「独眼竜政宗」(1987年)の渡辺謙さん(当時28歳)です。朝ドラ「はね駒」で注目され、翌年の大河の主役にいきなり抜てきされると、これを大ヒットさせました。いわば、世界的スターと同じ展開を期待されているわけです。会見では、

「名実ともにトップクラスの素晴らしい方が演じてきた印象が強いので(中略)プレッシャーも尋常じゃないくらい」

 と吉沢さん。しかし、モチベーションは十分です。というのも、今年5月に「あさイチ」(NHK総合)に登場した際、「なつぞら」の共演者でもある山田裕貴さんがVTRでこんなコメントをしました。「まず、顔が国宝級じゃないですか」とした上で、意外な野心家ぶりも明かしたのです。

「『主役にこだわらなければダメだ。俺は一番になりたい!』って言うんですよ。それも一点の曇りもなく。うそのない表情で」

 実はこの2人、同じ時期にテレビ朝日系の特撮ヒーロー作品で世に出ました。吉沢さんは「仮面ライダーフォーゼ」のメテオ役、山田さんは「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー役です。2012年には映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」で共演。ただし、吉沢さんはパンフレットの中で、「今回も出番でいうと、ほとんど前回と変わらないんですよね(笑)」などと語っています。

 これも含めて、このシリーズの映画に4作出ていますが、その都度、出番へのこだわりを見せていました。「ラストでちょっと出るだけだったんです」「最後の最後に出てくるのはおいしかったんですが(笑)」「出番は一瞬で(笑)」「(今回は初めて)出番がたくさんあるので、台本を頂いたときから撮影を楽しみにしていました」などなど。彼の演じたメテオは主役ではないので、ちょっと物足りなかったのでしょう。

 それゆえ、「フォーゼ」の主役だった福士蒼汰さんをはじめ、菅田将暉さんや千葉雄大さん、志尊淳さん、竹内涼真さん、横浜流星さんといった世代の近い特撮ヒーロー出身俳優が続々とブレークしていくのは複雑な気持ちだったはず。そこからついに、大河の主役という「一番」を射止めたのです。

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 10:44
オトナンサー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事