ここから本文です

パン業界に革新!冷凍食品の新星「冷凍パン」はこんなに美味しい

9/22(日) 9:01配信

現代ビジネス

 冷凍食品の進化が止まらない――。慢性的な人員不足から減少傾向にあるパン屋だが、その問題を解決すべく作られた「冷凍パン」が家庭向けに販路を拡大しているという。人気の背景、そしていまイチ押しの冷凍パンについて、冷凍食品に詳しい“冷凍王子”こと西川剛史氏に話を聞いた。

フランス人の「朝・昼・夕食」が日本とここまで違う理由

「冷凍パン」とは?

 元々、「冷凍パン」は業務用として開発された商品です。従来のパンの製造工程は、パン職人が朝早く起きて、生地をこねて、さらにそこから一次発酵、二次発酵と時間をかけて作っていました。そのため、朝からパンを出荷・販売しようとすると、日の出前からの仕込みが必要となり、結果、パン屋の労働環境の悪化を招いていました。

 また、パンは酵母を使った商品なので、その日の気温や温度の具合で味のバラつきが生じます。加えて職人の熟練度によっても、やはり味に影響を与えます。

 そこでパンの品質を安定させ、なおかつ作り手の労働環境を向上させるため、冷凍パンが開発されたのです。

 日本で最初に冷凍パンに力を入れたのが、1948年創業の老舗パンメーカー「アンデルセン」。1970年に他社に先駆けて広島県に自社の冷凍パン専門の工場を作りました。これを機に、店舗に職人がいなくても、冷凍パンをオーブンにかけるだけで、美味しいパンを安定して供給できるようになります。

 冷凍パンは大きく2種類に分けることができます。1つが、焼成済みの冷凍パン。これは焼きあがった状態のものを冷凍したパンで、お客さんが解凍して軽くトーストして食べます。もう1つが、その前段階にあたる焼成前の冷凍パン。焼成前ということは、生地をこねて発酵させた後の状態。オーブンで焼くことで、焼きたてのパンが食べられるというものです。

 焼成前の冷凍パンも、細かく一次発酵まで、二次発酵までと段階が分かれています。一次発酵までの冷凍パンは、自分で自由に形成できるので、コッペパンにしたり、ロールパンにしたりと、好みに合わせて使い分けができます。一方、二次発酵は焼くだけで食べられる手軽さがあります。

 前述の通り、これまで冷凍パンは、チェーンのパン屋さんやホテル・飲食店といった業務用として流通していました。それが国内にある地方のパン屋を中心に、家庭用の冷凍パンを販売が行われるようになったことで人気に火がついたようです。

 元来、パン好きで知られる日本人ですから、パンに求める味のハードルは非常に高い。そんな中で、手軽に焼き立ての味を家庭でも楽しめる冷凍パンは、まさに消費者が求めるパンだと言えます。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 9:01
現代ビジネス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事