ここから本文です

プロ志望届 第3週高校生は30人提出 東邦石川らU-18戦士が一挙5人、夏の甲子園V主砲も

9/22(日) 8:13配信

THE ANSWER

高校生の提出者は計89人に

 日本高校野球連盟が4日から公式サイトで開始したプロ野球志望届の提出者公示は第3週を終えた。4日間(17~20日)で30人が提出し、高校生の提出者は計89人になった。

【最新版】計145人の全容は? U-18戦士が一挙5人提出、即戦力の大学生候補は… <「プロ野球志望届」提出者全一覧>

 今週はU-18ワールドカップ(W杯)を沸かせた侍ジャパン高校日本代表戦士が続々と提出した。4番を務めた東邦・石川昂弥内野手は高校通算55発ながら、今春のセンバツの優勝投手。花咲徳栄(埼玉)・韮澤雄也内野手は遊撃手ながら、U-18W杯は一塁手でレギュラーとなり、ベストナインを獲得した。

 他にも興南(沖縄)の宮城大弥投手、八戸光星学院(青森)の武岡龍世内野手、津田学園(三重)の前佑囲斗投手も提出し、高校日本代表は一挙5人が提出した。他にも履正社(大阪)を今夏の甲子園初優勝に導いた高校通算49本塁打・井上広大外野手も提出するなど、注目選手が続々と名を連ねた。

 今後はドラフト目玉候補の佐々木朗希投手(大船渡)、奥川恭伸(星稜)らの動きに注目が集まる。提出者は10月17日に行われるプロ野球ドラフト会議の指名対象となる。

THE ANSWER編集部

最終更新:9/22(日) 8:13
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事