ここから本文です

大坂なおみ、復活Vは“大会中の緩急”が鍵 強化本部長称賛「ジョコビッチの勝ち方」

9/22(日) 19:02配信

THE ANSWER

日本テニス協会の土橋強化本部長「わざとエンジンを上げない」

 テニスの「東レ パンパシフィックオープン(大阪・ITC靱テニスセンター)」は22日、シングルス決勝を行い、世界ランク4位で第1シードの大坂なおみ(日清食品)が同41位アナスタシア・パブリュチェンコワ(ロシア)に6-2、6-3で大会初優勝を果たした。大会5度目の本戦出場で1995年の伊達公子以来、日本勢24年ぶりの大会制覇。1月の全豪オープン以来となるツアー4勝目となり、3歳まで過ごした故郷・大阪のファンに復活を印象付けた。

【画像】“神対応”に大阪ファンも拍手! 相手コートに駆け寄った直後に…ベンチから心配そうに見守る大坂の実際の様子

 試合後、日本テニス協会の土橋登志久強化本部長が取材に対応。圧倒した決勝について「ほぼ完ぺき。ちょっと最後は勝ちを意識して力んだところがあったけど、誰でもやること。100点満点以上の成果だったと思います」と称えた。準々決勝は過去3戦全敗だった“天敵”ユリア・プティンツェワ(カザフスタン)を倒した。「絶対勝つんだという気持ちでスイッチが入った。ドローにも恵まれて、自分を奮い立たせる動機付けになった。そこから見事だった」と復活の兆しを感じ取っていたという。

 今大会を通じて、パワーテニスと力を抑えたショットを使い分ける場面に応じたプレーを披露。成長したスタイルを垣間見せた。土橋氏は「今回は丁寧に戦っていた。あえて落として、自分の得意な(力強い)ショットが同じスピードなのに相手の目をごまかした。緩急をつけてより効果的に打てていたので、無理なくエースやウィナーを取れていた」と目を細めた。

 さらに「私はあえて距離を置いているので中のことは詳しくわからない」と踏まえた上で「原点、勝っていた時に何をやっていたかを考えてやっていた。ペースを落とすというのは、相手に打たれるようなイメージがあるけど、相手にとってはそれだけでも脅威」と説明。パワーに頼らず、丁寧なプレーでペースを落とすことでミスが減る。自滅がなくなる大坂は、相手にとってやりにくい。土橋氏は「明らかに大事な時のミスは減っている」と分析した。

 18日の初戦は、世界ランク181位のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)に7-5、6-4で勝利を収めた。しかし、序盤はミスが目立ち、ペースをつかめなかった。「全米が終わって休んで、試合から離れている。負けからの最初の試合で硬くなる」と原因を挙げ、さらに「例えばグランドスラムを取れる選手は、グランドスラムの1週目にわざとエンジンを上げないで、低いところにあえて保っている。男子でいえばジョコビッチ。そういう選手の勝ち方に似ていたと、今日の決勝を見ていて感じました。それだけポテンシャルが高い」と話した。大会の全4試合を通じて見せた大坂の戦い方を称賛した。

1/2ページ

最終更新:9/22(日) 19:02
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事