ここから本文です

トータス松本が伝説の実況「前畑がんばれ」を熱演!その裏側を明かす<いだてん>

9/22(日) 6:00配信

ザテレビジョン

中村勘九郎と阿部サダヲがダブル主演を務める大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。

【写真を見る】大熱狂!前畑のレースを見守る田畑(阿部サダヲ)と河西(トータス松本)

同作は、宮藤官九郎が脚本を手掛けた日本のスポーツの歴史物語。日本で初めてのオリンピックに参加した金栗四三(勘九郎)と、日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部)が奮闘する姿を描く。

そんな同作に、ミュージシャンとして活躍するトータス松本が河西三省役で出演している。河西は1936年に行われたベルリンオリンピックの競泳女子200メートル平泳ぎの決勝での「前畑、がんばれ!」の実況で知られるアナウンサー。

そんな河西を演じるトータスに、オファーを受けた時の思いや、9月22日(日)に放送される「前畑がんばれ」の撮影時のエピソードなどを聞いた。

■ 「『もしかしたら話来るんちゃうかな』って勝手に思って…」

――今回、アナウンサーを演じられていますが、ミュージシャンのトータスさんがアナウンサー役というオファーを受けた時の感想を教えてください。

僕は「いだてん―」が発表になった時からすごく楽しみで、「絶対に観よう!」と「西郷どん」(2018年、NHK総合ほか)を観ながら思っていたんです。

そしてキャストを見て、「あれ、もしかしたら話来るんちゃうかな」って勝手に思って…。

本当に何の根拠もないですが、上方の同じ時代の漫才師とか落語家とかそういう役柄ができたら面白いな、うれしいなと思ったんです。

だから、オファーがあったと聞いた時は「やった! ほんまにきた!」と思ったけど、どんな役か聞いたらアナウンサーの役だったので、「やれるかい!」って気持ちと「やれそうな気がする…」という気持ちの両方がありましたね。

「やれるかい!」というのは、標準語、そしてアナウンサー役をやったことがないというところ、「やれるかも」って思ったのは声の部分ですね。

手前味噌ですが、歌を歌っているので「強い声を持っている」と自分で思っている部分もあるんです。それを望まれているのだったら「これは、やれる」と思いました。

だから「やれる!」と「やれない!」のせめぎ合いでしたね。

――実際にお話が来たときはうれしかったですか?

うれしかったですね! もう本当に、素直にうれしかった。

宮藤官九郎作品に出られるという“うれしさ”もあるし、大河ドラマに出られる“うれしさ”、やったことない役柄をやらせてもらえるという“うれしさ”。すごくいろんな気持ちが一気に押し寄せてきましたね。

■ 「こんにちは」の一言がこんなに言えないのかと思いました

――アナウンサーを演じる上で、苦労した点があれば教えてください。

これまでお芝居をさせてもらった中では関西弁しか話したことがなく、標準語を使ったことがなかったんです。しかもアナウンサーという、標準語を話す中でも一番難しい役どころで…。

でも日常会話で使っている標準語だと違和感があるだろうなと思ったのですが、アナウンサーなら逆に芝居掛かっているような感じでまだやれるかなと。

その言葉そのものを話しているというよりは、せりふを話しているような感覚でやればいいと思っていたのですが、それは大きな間違いでした(笑)。

アナウンサー的な発声というのはものすごく難しくて、結局最後までちゃんとできませんでした。アナウンス指導の先生も途中であきらめていましたね。

――実感・実況放送のシーンなど、熱の入る場面ではさらに難しくなるのかなと思うのですが、いかがでしたか?

実況放送の場面では実際に河西アナウンサーがされていたことというよりも、振り切って自分なりのお芝居で、エモーショナルな感じでやった方が伝わるかなと思ってやりました。

なんとも言えないですが、自分でも面白おかしくできたんじゃないかなと思っています。

一番難しいのは実況部分ではなく、「ラジオをお聴きの皆さんこんにちは」みたいなさりげないアナウンサーの言い回し。

実際に「号砲一発、鳴りました!」みたいなことより、その前のアナウンサー然としたしゃべり方がすごく難しかったです。

アナウンサー的な言い方では「こんにちは」の一言でも全然OKが出なかったですね。「こんにちは」の一言がこんなに言えないのかと思いました。

昔の実況を聞いたり観たりすると、確かに今のアナウンスよりも相当高い声でしゃべっているんですよね。

録音の精度が悪いから余計にそう聞こえるところもあるんやろうけど、そういう感じが自分ではうまく表現できなかったです。

――当時の音源を聞いて役作りの参考にしたりしましたか?

多少はしたのですが、それでは意味がないと思って。物まねみたいにできるようになったところで、果たしてそれでいいのかというのが自分の中で疑問だったんです。どうしても自分の仕事になぞらえて考えてしまって…。

例えば他の人の曲をカバーするときに何度も聞きこんでその人のように歌えるようになってもそれは単なる物まねにしかならないんですよね。

せっかくいただいた仕事の中に自分の個性を盛り込もうとするなら、見本みたいなものを聞きすぎるとそちらに寄っていってしまうので、途中から聞くのを止めました。

■ 自分のテンションを信じて全身全霊で叫び倒しました

――「前畑がんばれ!」(9月22日[日]放送)の実況シーンの撮影の雰囲気はいかがでしたか?

愛知県の中京大学の屋外プールで撮影しました。4日間、毎日愛知県のプールに通って、最終日に撮ったんですね。

撮影初日は全然違うシーンを撮っていたのですが、最終日の撮影がずっと気が気じゃないという感じで…。

「大役だなぁ」というプレッシャーがすごくて、とにかく憂鬱で、楽しみ半分、嫌なのが半分という気持ちでした。

――ミュージシャン活動でライブ中にテンションが上がることなどがあると思うのですが、「前畑がんばれ!」の撮影中にそういった気分がリンクしたときはありましたか?

実況の音源が残っていて、それを何回も聞いたんですけどやっぱり「同じようにできない」ってなりまして…。

だから自分なりの「前畑がんばれ!」をぶちかますしかない、ただそれだけでしたね。

声もトーンも「がんばれ」の回数も、細かく言うと何から何まで実際と違うのですが、目の前では上白石萌歌さん演じる前畑選手とゲネンゲル選手のデッドヒートが繰り広げられているので、それを見た自分のテンションを信じて全身全霊で叫び倒しました。もう絶叫に近い感じで。それが一番求められていることかなと思ったんですよね。

勝手に自分で叫び倒してやりました。

――それまでは憂鬱だったけれど、本番になったら叫び倒したんですね。

そうです。その時はすごく「やりきった」という満足感があるんですけど、冷静になって聞いたり観たりすると相当荒くて、撮り直しをしました。

「えーまたやるのかー」と思いましたけど、結果的には撮り直してよかったです。やっぱり全然違いましたね。

しかも撮り直しの日に大根仁監督が怖い顔して僕のところに寄ってきて、「今日は厳しくいきます」って言われたんです。「なんでそんなにプレッシャーかけるの?」って(笑)。

僕、大根さんと同じ12月28日生まれで。ちなみに寺島しのぶさんも同じ誕生日なんですけどね。

すごく親近感があって朗らかに接していたんですけど、最後に怖かったですね(笑)。

■ 上白石さんはほんまに金メダルを獲りそうな感じがしました

――前畑秀子役の上白石萌歌さんの印象を教えてください。

神秘的というか、遠くを見ているような目でしたね。僕は前畑秀子という人を写真でしか見たことがないですが、上白石さんはほんまに金メダルを獲りそうな感じがしましたよね。

気迫というのかな…。ものすごく力が入っているというわけではないですが、エネルギーが血走っているような、どこを見ているのか分からないような目をしていて。

「河西三省役の松本です」ってあいさつできなかったです。だいぶ後になってから「あ、そういえばあいさつしていませんでした、あらためまして」と言われて「あぁそうでした、僕もあいさつしていませんでした」って。

ベルリンオリンピックの「前畑がんばれ!」の撮影では、ずっと同じプールのその現場にいるのになんかお互いあいさつできなかったですね。あいさつしそびれていただけじゃないような、近寄りがたい何かがありました。

でも撮影がスタジオセットに移ってからは朗らかにいろいろ話しましたよ。

――それだけリアリティーがあったということでしょうか?

そうそう。泳いでいる姿もやっぱりすごく様になっているし、もちろんお芝居の制約があるから他の選手を追い越せなかったりするんですけど、ひとかきひとかきがすごくて…。

さらに「わずかにリードしている」という状態でずっと泳いでお芝居しているというのもすごいですよね。

だから見ていて本当に「前畑がんばれ!」っていう感じなんですよ。実況のせりふやから劇中劇とも違うしおかしな感じやけど、実際に「前畑がんばれ!」という感じの様子で泳いでいるので…。本当に実況しているような錯覚になりました。

――最後に「いだてん―」の見どころを教えてください。

見どころだらけですが、見ていて驚くことも多いですよね。「スポーツというものがこんなに窮屈なもんやったんや」というところにも驚くし、それを何とかしてやろうという当時の人たちのエネルギー、選手のエネルギー、そのエネルギーを動かした時代。

戦争に巻き込まれて翻弄されていく、スポーツが政治利用されていく、その過程での田畑さんのもがきや葛藤、選手の気持ちとか、脚本を読んでいてたまらない気持ちになるところがいっぱいありました。

また、ロサンゼルスオリンピックの時には、実況ができなくて実感放送になったという「そんなことほんまにあったんや」ということがありましたが、4年後のベルリンオリンピックではのびのびと実況しているという大きな差があって。

スポーツ、オリンピックスポーツ中継の進化を、1カ月ぐらいの間にダイジェストでこんなに贅沢に見られるっていうのはないんじゃないですかね。最高に楽しいと思います。どうぞ今後もご期待ください。

(ザテレビジョン)

最終更新:9/22(日) 6:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事