ここから本文です

“3年A組”の半年後が舞台!「ニッポンノワール」に、あの“ベルムズ”リーダーが登場!

9/22(日) 8:00配信

ザテレビジョン

10月13日(日)スタート、賀来賢人が主演を務める日曜ドラマ「ニッポンノワール―刑事Yの反乱―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)に登場した3人の人物が、同名同役でレギュラー出演することが分かった。

【写真を見る】キャリア幹部と「ベルムズ」メンバーが意外な姿で登場

「ニッポンノワール―」は、「3年A組―」の「魁皇高校立てこもり事件」から半年後が舞台となっており、細田善彦、篠井英介、栄信が演じたキャラクターたちが、半年後の姿で登場する。

本作は、全ての人間が疑心暗鬼の中、だましだまされのストーリーが展開するアンストッパブル・ミステリー。

賀来演じる刑事・遊佐清春がある日、目覚めると横には女性刑事の遺体、手には拳銃、そして数カ月の記憶が消えていた。かつての仲間は一夜にして敵となり、やがて事件は未解決の「十億円強奪事件」の真相へとつながっていく。

■ 3人の役どころと清春たちとの関係性は…

今回、出演することとなったのは、細田善彦、篠井英介、栄信の3人。

細田演じる宮城遼一は、元瀬ヶ山署生活安全課の刑事。「3年A組―」では、「魁皇高校立てもり事件」の解決に加わり、今回は、その功績が認められて10月に捜査一課へと配置換えとなったルーキーという役どころで登場する。

さらに、実は清春とは警察学校の同期だったことが判明する。

■ あのキャリア幹部が父親姿に!

篠井の演じる本城諭(ゆずる)は、「3年A組―」では「魁皇高校立てもり事件」の特殊部隊指揮を執るキャリア幹部として描かれていた。

今回は、ヤンチャな生活を送る娘・芹奈(高橋ひかる)を一人で育てる娘思いの父親として登場。しかし、その裏では誰にも言えない秘密を抱えているようだ。

■ 「ベルムズ」リーダー・喜志のその後は…

栄信が演じる喜志正臣は、「3年A組―」では半グレ集団「ベルムズ」のリーダーKとして、重要なカギを握る人物として登場。

今回は「ベルムズ」を抜けた後の喜志の姿が描かれ、更生の道をたどる中で、清春に頼まれて渋々捜査に協力することとなる。(ザテレビジョン)

最終更新:9/22(日) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事