ここから本文です

バルサ、25年間でワーストスタート… グラナダに完敗で3連覇に“黄信号”?

9/22(日) 9:50配信

Football ZONE web

敵地のグラナダ戦は0-2…5戦を終えて勝ち点7止まり

 バルセロナがリーガ・エスパニョーラ3連覇を狙うどころか、開幕ダッシュに大失敗している。現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節グラナダ戦で0-2の完敗を喫した。スペイン紙「マルカ」によるとこの低調ぶりは25年間でワーストなのだという。

【画像】今季の“チェック柄”が不評だった!? バルセロナの来季新ユニフォーム画像が流出、伝統の2色に黄色も入った“ストライプ柄”

 バルサはアウェーとはいえ勝ち点3を取りにいくはずだった。しかしグラナダはその思惑を打ち砕くかのように前半2分にMFラモス・アゼーズのヘディングシュートで先制点をゲット。1点リードで折り返した。

 勝ち点ゼロでは終われないバルサは後半から今季リーガ初出場となるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、そして売り出し中の16歳FWアンス・ファティをピッチに送り出した。しかし後半18分、ペナルティーエリア内でチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがハンドを犯し、PK。これをMFアルバロ・バディージョに決められて万事休した。

 開幕5試合で2勝1分け2敗の勝ち点7。およそバルサらしからぬ成績だが、これは4位に終わった1994-95シーズン以来となる低調なスタートで、特にアウェーで2敗、失点数も現時点でワーストとなる9という低迷ぶりだ。

 負傷していたメッシがようやく戦線に復帰してきたとはいえ、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンやオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得し、選手層を厚くしたはずだったバルサ。しかしここまでの出遅れとなると、エルネスト・バルベルデ監督への風当たりはさらに厳しいものとなりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/22(日) 10:40
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事