ここから本文です

ブンデス初ゴールのコウチーニョ、史上5人目の“珍記録”達成! 欧州4大リーグで…

9/22(日) 17:10配信

Football ZONE web

4-0で快勝したケルン戦で移籍後初ゴールをマーク

 バイエルンは現地時間21日のブンデスリーガ第5節、ケルン戦で4-0の圧勝を飾り、開幕からの無敗をキープしている。この試合で珍しい記録を樹立したのは新加入のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョだ。

【動画】史上5人目! バイエルンMFコウチーニョがケルン戦で珍記録を達成した瞬間

 エースのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキの2ゴールでリードを奪ったバイエルンは、後半15分にコウチーニョがドリブル突破でPKを獲得。一度はやり直しになったものの自ら成功させて、バイエルンでの初ゴールをゲットした。

 このゴールによってコウチーニョが成し遂げたのは、ブンデス、セリエA、リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグの通称4大リーグすべてでのゴール達成だ。

 スペイン紙「マルカ」によるとこれを過去に成し遂げたのは意外と少なく、バルサの下部組織出身FWボージャン・クルキッチ、快足FWとして知られた元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス、ブンデスでの活躍の印象が強いMFケビン=プリンス・ボアテング、MFジョナタン・デ・グズマンに次ぎ5人目だ。

 ただしコウチーニョの場合、所属クラブは各国名門ばかりだ。現時点での各国リーグ成績は以下の通り。

ブンデス→4試合1ゴール(バイエルン)
リーガ→68試合18ゴール(バルセロナ、エスパニョール)
プレミア→152試合41ゴール(リバプール)
セリエA→28試合3ゴール(インテル)

 なおコウチーニョは後半28分にクロアチア代表MFイバン・ペリシッチの追加点もアシストしている。バルサでの不遇を経て再チャレンジとなっているコウチーニョ。ブンデス絶対王者の中で輝きを取り戻しつつある。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/22(日) 17:41
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事