ここから本文です

「不動産投資」は金持ちほど圧倒的に有利な理由

9/22(日) 5:30配信

東洋経済オンライン

ソフトバンクやユニ・チャームなど、日本企業の間でも「副業解禁」が進んでいる。サラリーマンが挑戦できる副業にはどんなものがあるのか?  「副業事情の今」について、経済評論家の加谷珪一氏が解説する。第3回のテーマは「不動産投資」について。『“投資"に踏み出せない人のための「不労所得」入門』から抜粋して紹介します。

【なぜ?】3000万円するマンションが「資産価値0円に」

 不労所得を実現する手段として、多くの人がイメージするのは、やはり不動産投資ではないかと思います。ここ10年、アパートやマンションなどを1棟丸ごと購入して家賃収入を得るという、いわゆる「大家さんビジネス」がちょっとしたブームとなりました。

 不動産投資は不労所得の代名詞のようになっていますが、だからといって買ったあとは何もしなくてもよいというわけにはいきません。それでも、他のビジネスと比較して、大きな手間がかからないというのも事実です。

■不動産投資は「資産家ほど有利」

 不動産投資について最初に理解しておくべきなのは、不動産投資というのは、すでに多額の資産を持っている人に有利なゲームであるという事実です。

 日本で最も規模の大きい大家さんの1つに、三菱地所という会社があります。三菱地所は明治維新直後、何もなかった現在の丸の内(東京駅前)の開発を行い、ここを基盤に大規模デベロッパーとして成長してきました。日本でもっとも価値の高いエリアの土地を最初から保有しているわけですから、よほどのことがない限り、不動産の運用で失敗することはありません。

 三菱地所は最も極端な例ですが、全国各地でアパートやマンションを経営している人の大半は、親からその土地を引き継いだ人です。土地を最初から保有しているので、銀行から借金をするにしても、建物の分だけで済みます。安定的に不動産物件の運用ができるのは、ある意味で当然といってよいでしょう。

 これに加えて、事業や株式投資など別の手段で大きな資産を築いた人が、安定的に資産を運用することを目的に、不動産投資の世界に入ってくるというケースもかなり目立ちます。こうした投資家は、借り入れをせずに自己資金で投資をしますから、意思決定が早いという特徴があります。

1/4ページ

最終更新:9/22(日) 5:30
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事