ここから本文です

現役車両も登場…京都鉄博「攻める展示」の裏側

9/22(日) 5:00配信

東洋経済オンライン

 京都鉄道博物館で現在行われている企画が、鉄道ファンの間で話題となっている。「あなたはどっち系? ゴーパー? ヨンパー?」と名付けられたこの企画は、同館で展示されている「クハ489形」か「クハネ581形」のうち投票で“勝利”した1両を、期間限定でラッピングによりカラーリング変更するというものだ。全国にはさまざまな鉄道博物館があるが、こうした企画は極めて珍しい。

【スライドショー】「瑞風」「アンパンマントロッコ」などの現役車両を展示。ユニークな企画を次々と打ち出している

■投票結果で展示車両を“衣替え”

 「現在、『列車愛称進化論~名前から見る鉄道~』という企画展を開催しているのですが、それに連動させる形で考えついたのが、今回の企画です」と、その発案者であるJR西日本広報部鉄道文化推進室の主原靖麻(しゅはら・やすま)さんが教えてくれた。

 この企画展では、約200種類のヘッドマークなどを紹介。一部は実物を展示するのだが、「よりインパクトを与える形で展示するにはどうすればよいか」と考える中で、そのヘッドマークが取り付けられていた車両を再現しようと思ったのだという。

 現在、クハ489形とクハネ581形はいずれも「国鉄色」と呼ばれる製造当初のカラーになっているが、前者は1989年に登場した「白山色」、後者は1992年に登場した「シュプール&リゾート色」に変更する。ただし、前述のとおり変更されるのはどちらか1両のみ。主原さんは「投票という形をとることで、多くの方と一緒に盛り上げたいという思いがあります」と狙いを明かす。

 ちなみに、薄い藤色(水色)をベースとした「シュプール&リゾート色」は、わずか5年ほどしか見られなかった塗装で、その後はクリーム色をベースとしたカラーリングに再度変更され、2013年の引退まで活躍した。

 「近年まで見られた塗装よりも、がらりとイメージの違う『シュプール&リゾート色』に変更するほうが、より楽しんでいただけると考えました」(主原さん)

 20年以上前に消えたカラーリングということで、当時の資料を探すのには困難が予想されたが、意外なことに「リゾート&シュプール色」は色見本などがすぐ見つかったという。逆に、2002年ごろまで見られた「白山色」のほうは資料がなかなか見つからず、苦労したそうだ。

1/4ページ

最終更新:9/22(日) 5:00
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい