ここから本文です

オールブラックスのハカに興奮。 「ダブルスタンドオフ」がプレーで魅了

9/22(日) 14:00配信

webスポルティーバ

オールブラックスが、勝負所で強さを発揮し、ワールドカップの予選プールでの無敗記録を29に伸ばした。

【写真】ラグビー 日本代表の落選サプライズ



 9月20日(金)に開幕したラグビーワールドカップは2日目の21日(土)も3試合が行なわれた。神奈川・横浜国際総合競技場で、予選プール最大の注目カード、3連覇を目指す「オールブラックス」ことニュージーランド代表(世界ランキング2位)と優勝2回を誇る「スプリングボクス」こと南アフリカ代表(同4位)が激突した。

 決勝のカードといってもおかしくない世界的に耳目を集めた予選プールBの初戦、互いのチームのジャージーを着ている人だけでなく、日本代表や、22日に同スタジアムで試合を行なうアイルランドとスコットランドのジャージーを着た人も駆けつけ、64000人あまりの観客が集った。

 試合前の関心事は、なんと言ってもオールブラックスの戦いの踊り「ハカ」だ。2種類あるが、初戦から大事な試合しか披露しない、2005年にオールブラックスのために作られた「カパ・オ・パンゴ(黒い服の戦士と銀の羊歯という意味)」を選択。しかも、ハカのリーダーSH(スクラムハーフ)のTJ・ペレナラだけでなく、キャプテンのNo.8(ナンバーエイト)キーラン・リードがリードしながら後ろからせせり出てくる新しい形を見せた。

「ハカは、ニュージーランド代表にとっては大事です。リーダーとして何ができるか話して、選手たちで決めて(ペレナラと)2人でリードしようと思ってやりました」とキャプテンのリードは胸を張った。いつもより気合いが入っていた、ハカのリーダーであるペレナラの表情も合わせて、この試合にかける思いがヒシヒシと伝わって来た。

 一方の南アフリカ代表は、この1年半で調子を上げていた。7月~8月にかけて行なわれた「ザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4カ国対抗戦)」では、オールブラックスに16-16で引き分け、初優勝を飾っていた。どのチームよりもはやい9月1日に来日し、6日に日本代表と対戦するなど、この試合に標準を合わせていることは明白だった。

 南アフリカ代表を率いるラシー・エラスムス監督は「一貫性を持ってやってきた。ランキングとかは関係ない。自分は、個人的にオールブラックスというのはナンバーワンのチームだと思っている。自分たちは、この1年半でチームを作り上げてきた」と自信をのぞかせた。

 試合序盤、試合を優勢に進めたのは南アフリカ代表だった。日本代表に41-7で快勝した試合とまったく同じメンバーで臨み、過去のワールドカップの予選プールで負けたことがないニュージーランド代表を倒そうという気迫は十分だった。

 ハイパントキックやグラバーキックを軸に南アフリカ代表は敵陣に攻め込むものの、前半2分にSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードのPG(ペナルティゴール)で先制した後は、追加点を奪えなかった。そんな中、ワールドカップ2連覇中の王者は、一瞬の隙を見逃さなかった。

1/3ページ

最終更新:9/22(日) 14:30
webスポルティーバ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事