ここから本文です

子ども4人の家でも、来客余裕!リビングや洗面所の片づけ方

9/23(月) 21:10配信

ESSE-online

忙しい毎日のなか、いつも部屋をすっきりきれいに保つのはなかなか大変なもの。

でもお客さんが来る時間と、普段の家族の暮らしで、圧倒的に長いのは後者です。
子ども4人を育てながら「普段の使いやすさを最優先にし、来客時だけ隠す」という方法で片づけている、ライフオーガナイザーの中矢くみこさんに、詳しい方法を教わりました。

普段の使いやすさを最優先に。いざというときだけ隠せばよし!

4人のお子さんを育てながら、週5日自宅で仕事をしている中矢さん。
出しっぱなしの方が使いやすいものは、来客時だけ隠す方式にして、隠すスペースだけ確保しておきます。
要は、来客があるときのために、時短で片づく仕組みさえつくっておけばいいわけです。

●リビングのパジャマカゴは布をかけるだけ

リビングのカゴを、パジャマ入れにしている中矢家。
「家族が取りやすいように、普段は放り込んだまま。入れ方がゴチャゴチャでも気にしません」

来客時だけ、布で隠せばOK。布をかけるだけで見た目すっきり!

●ドライヤーはボックスごとシンク下へ

洗面台のすみにファイルボックスを置き、ドライヤーやブラシを収納。

使いやすいようにコンセントもつなぎっぱなしです。

来客時は、ボックスごとシンク下に入れるだけ。洗面台まわりがあっという間にすっきり!

●トイレクリーナーは普段は出したまま

トイレの掃除用シートも、普段は引き出しの上に出したまま。
「気づいたときに、サッと掃除できるようにしています」

人が来たときは、引き出しのあいたスペースへ隠します。

帰省のときは100円ショップのコンテナが便利!

帰省の支度も、子ども4人分だと大荷物に。帰省先でも衣服の仕分けに追われていては、ゆっくり楽しむこともできませんよね…。
折りたたみコンテナを活用した、荷づくりワザを教えてもらいました。

帰省のときは、子どもの着替えを3、4セット用意。まず、IKEAの買い物袋の底にダイソーのコンテナを1つ置きます。

たたんだ服が崩れないように積み重ねます。

最後に、たたんだコンテナ2つでフタをすれば、荷づくり完了!

帰省先ではコンテナを組み立て、長男、長女、双子で服を分類。「お目当ての服を、それぞれが簡単に探せます」

いつも片づいた状態をキープしなきゃ…と思うと、ちょっとしたストレスに。普段の使い勝手を最優先して、いざというときの“隠せる”仕組みを準備。ほんの少し発想を変えれば、暮らしがラクに回りますよ!

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
中矢くみこさん
愛知県在住。夫(41歳)、長男(9歳)、長女(6歳)、双子の二男・三男(4歳)の6人家族。2018年に分離型二世帯住宅を新築。ライフオーガナイザーとして活動するほか、在宅でも仕事をしている

最終更新:9/23(月) 21:10
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事