ここから本文です

いまへと続く“未来”を実装してきた12のヴィンテージマシン

9/23(月) 12:11配信

WIRED.jp

世界初の商用コンピューターとして知られる「UNIVAC I」は、今日のスタンダードからすれば不格好で巨大なマシン、ということになるのだろう。なにしろ部屋全体を埋め尽くすような大きさで、重さはクルマ4台分もあったのだ。

【画像】“未来”を実装してきた12のヴィンテージマシンをもっとみる

それに物価上昇率を考慮して価格を換算すれば、約800万ドル(8億8,000万円程度)相当にもなる。しかし、このコンピューターが1952年に大統領選の結果を正確に予測すると、その威力が大衆に受け入れられたのだった。

歴史的瞬間の積み重ね

写真家のマーク・リチャーズは、自身のヴィジュアルブック『Core Memory』で、UNIVAC Iをはじめとするコンピューターの先駆けとなった機械たちに敬意を表している。

この本では、現代のコンピューターがどうなるか(ましてやポケットに入れて持ち歩けるなんて)誰も想像だにしなかった1890年代から、スタイラスペンがステータスシンボルだった1990年代(幸いにもその期間は短かった)まで、ビットからバイトへの時代の変遷が取り上げられている。

「『わたしたちは巨人の肩の上に立っている』というのはお決まりの表現ですが、iPhoneを手にとりトランプのツイートを読む行為も、そこに至るまで多くの人の力が介在しているものです」と、リチャーズは言う。それはスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツに限った話ではなく、ハーマン・ホレリスのようなあまり知られていない人物のことでもあるのだ。

ホレリスは19世紀後半に、手書きのメモを機械で読み込めるデータに変換する国勢調査のタビュレーティングマシン(パンチカードシステム)を発明したことで知られる。オーストリアの技術者クルト・ヘルツシュタルクも、ナチスの強制収容所に収監されていたときに独自の計算機の設計を完成させた。

彼らの発明は、あとに続く者のための道を切り開き、現在はカリフォルニア州マウンテンヴューにあるコンピューター歴史博物館で、90,000点を超えるコレクションのひとつとして所蔵されている。リチャーズはそこで撮影したコレクションの写真を、自身のヴィジュアルブックで紹介しているのだ。

リチャーズはベトナム戦争の退役軍人だ。元戦争写真家で歴史通でもある。およそ20年前に初めて同博物館を訪れたとき、いわゆる技術オタクではなかったものの、彼が「美のオブジェクト」と形容する機械たちに心を奪われ、撮影の許可を求めて交渉したのだ。こうして3年にわたり1,000点を超えるアイテムを記録するという、歴史的価値の高いプロジェクトが始まった。

リチャーズがキヤノンのEOS-1Ds Mark IIをかまえると、軽量の機械については手袋をはめた専門家がそっと動かし、白と黒のビロードの幕の前に設置した。蛍光灯の光がリチャーズの頭上から差し込んでいた。

心から撮影を楽しんだ彼は、「歴史的瞬間に立ち会えるチャンスはどのくらいあると思いますか?」と言う。「これらの機械が誕生した歴史的瞬間に居合わせることはできませんでしたが、文字通りその一部に触れることができました。もちろん手袋は必須でしたけどね」

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 12:11
WIRED.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事