ここから本文です

アジアで最も薄毛の割合が高い日本、男性の薄毛対策の意識が高いのは40代より20代だった

9/23(月) 7:06配信

@DIME

ある調査によると、実は「日本」がアジアで最も”薄毛の方の割合が高い国”なんだとか。

この話が真実かどうかはわからないが、一説によると「先進国ほど薄毛率は高い傾向にある」と言われている。確かに、日本のサラリーマンは毎日せわしなく働き、様々なストレスを抱えているのも事実だ。※グラフありの元記事は下記同タイトルをクリックすることで見ることができます

今回、ソーシャルテックは「薄毛対策」に関する意識調査の結果をもとに、今から始めるべき「最適な薄毛対策」を紹介した。薄毛に悩んでいるならば、ぜひこの記事を最後まで読んで参考にしてほしい。

薄毛への意識が高いのは、40代よりも20代?
まず、「薄毛対策はいつから始めるべきだと思いますか?」と質問したところ、どちらの世代も「40代から」に最も多くの票が集まったものの、その割合を見ると驚きの結果になった。



なんと、「20代・30代のうちに薄毛対策をはじめるべき」と考える方の割合を比べると、40代は全体の6割弱であるのに対して、20代は全体の70%以上という結果になっている。

このことから現代の20代は、40代に比べて薄毛に対する意識が高いうえ、若くしてすでに対策を始めている方も多いことが推測できる。

20代の方は、自分の父親や世の薄毛男性を見て、「あんな風になりたくない」「早いうちからの対策が将来の薄毛予防になる」と感じ、行動に移しているのかもしれない。

逆に言えば、この記事を読んでいる「まだ薄毛対策を考えていない」20代の方は、焦ったほうが良いだろう。周りの友人や同僚は、人知れず「薄毛対策」を始めているかもしれない。

年代別!薄毛対策をしている方の割合を徹底調査
続いて、「現在薄毛対策をしていますか?」という質問をしたところ、驚くべきことに20代と40代で、対策をしている方の割合はほぼ同じという結果になった。



本来薄毛を意識しなければならないはずの40代の方は、対策をしている割合が20代とほぼ変わらないという事に危機感を持つべきだろう。

また、「どのような対策をしていますか(複数回答可)」と質問したところ、多くの方が様々な方法で薄毛ケアを行っていることがわかります。中でも「スカルプシャンプー」、「頭皮マッサージ」、「育毛剤」の項目が全世代で人気のようだ。

このような対策はどれか一つに絞って行うわけではなく、併用している人が多いのが特徴だった。スカルプシャンプーで頭皮を洗い、マッサージをしながら、育毛剤で栄養を与えているということがわかる。

上項の結果も踏まえ、現代の若者は早くから薄毛に対する意識を高く持ち、その対策もしっかりとやっていることがわかる。

今は大丈夫でも薄毛を意識し始めてからでは遅く、自覚をする頃にはそのまま一気に薄毛の仲間入り。興味があっても、AGAクリニックなどは費用も高く、副作用のリスクが考えられることから「なかなか手を出しにくい・・・」と考える人も多いだろう。

どのような薄毛対策をしようか迷われている人は、まずは簡単で手軽なもの(育毛剤やマッサージなど)から始めてみることをおすすめしたい。

調査概要:「薄毛対策」に関する意識調査
調査日   :2019年5月8日(水) ~2019年5月10日(金)
調査方法  :インターネット調査
調査人数  :1,020人
調査対象  :全国20代・40代男性
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino

@DIME

最終更新:9/23(月) 7:06
@DIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事