ここから本文です

【RISE】HIROYA率いるTRY HARDからビジュアルも良しの女子ファイターがプロデビュー

9/23(月) 13:17配信

ゴング格闘技

2019年10月6日(日)福岡・バトルステージFUKUOKAで開催される『RISE WEST ZERO』の全対戦カードが決定した。

【写真】宮崎と決勝を争ったAKANEは一足先にデビュー

 メインイベントは現ウェルター級王者“ブラックパンサー”ベイノアと2018年9月に対戦した経験がある鹿嶋昭男(ダイアタイガージム)vs岩政泰樹(リアルディール)。鹿嶋はベイノアに初回KO負けを喫したものの、RISE WESTのレギュラー選手としてキャリアを積む空手出身の選手。勝った試合がほとんどKOという攻撃力を持つ。

 第2試合では女子マッチとしてRISE、MMAで活躍する樋田智子(リアルディール)がHIROYA率いるTRY HARD GYMの宮崎若菜と対戦。

 樋田は昨年11月の両国大会で平岡琴と対戦し、序盤は圧倒されるも中盤から盛り返し、真っ向勝負で会場を沸かせた。また、今年5月には『DEEP』でMMAに挑み、古瀬美月を相手にやはり後半戦で盛り返して判定29-28×3で惜敗するも、粘り強さを発揮している。

 対する宮崎は今回がプロデビュー戦。8月のRISEアマチュア大会『KAMINARIMON』の全日本大会では、9月16日の幕張大会でプロデビューし“神村エリカの愛弟子”として話題になったAKARIを破って優勝を遂げている。

 RISE女子部のトップ選手として活躍する平岡琴を筆頭に、狂猫YOKKOを破りスックワンキントーン女子ミニフライ級王者となったKOKOZなど、女子の活躍も目立ち始めたHIROYA率いるTRY HARD GYM女子部。宮崎は男顔負けのパワフルファイターだといい、そのビジュアルも含めて今後の活躍が期待される新鋭だ。

 また、第3試合で行われる-75kg契約の堤 徹(ブラックデビル)vsタレックMatahari Gym(Matahari Gym)は、両者とも屈強な肉体を持ち、軽重量級の迫力あるバトルを見せてくれそうだ。

最終更新:9/23(月) 13:17
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事