ここから本文です

バレー=ワールドカップバレー2019女子/古賀や石井、長内らが活躍しケニアに快勝。現在3勝4敗で7位

9/23(月) 23:33配信

月刊バレーボール&月刊バスケットボール

着実に得点を重ねた日本が快勝

 9月23日(月・祝)、北海きたえーる(札幌市)にて女子大会7日目が行われた「FIVBワールドカップバレーボール2019」。世界ランキング6位の日本は、その第7戦でケニア(世界ランキング20位)と対戦。セットカウント3-0で快勝した。戦評は以下の通り。

 日本の次戦は24日(火)、北海きたえーるにて第8戦を世界ランキング4位のブラジルと戦う。

 また、Bサイトの富山市総合体育館 (富山県富山市)では、海外勢の熱戦が繰り広げられる。ロシアやセルビアなど、東京オリンピック出場チームの試合が見られる貴重な機会! ご近隣にお住まいの方はぜひ会場へ。
 
【日本vs.ケニア】
 日本のスターティングメンバーは、佐藤美弥、石川真佑、岩坂名奈、長内美和子、石井優希、奥村麻依、リベロは小幡真子。
     
 第1セット、長内が両サイドから力強いスパイクを決めるなど、序盤からリズムをつかんだ日本。9-7から長内のアタックに始まり、石川のサーブで相手を崩すなどして5連続得点をあげ相手を引き離した。その後も石井や、途中で入った鍋谷友理枝が得点を重ね流れを保った日本。19-11からミスもあって連続失点を喫したが、流れを失うことなくセットを先取した。

 第 2 セット、古賀紗理那と山岸あかねを先発に起用。相手の粘り強い守備からラリーが続くが、相手のミスもあって日本は8-8から3連続得点を奪った。中盤以降は古賀、石井、長内らアタッカー陣が得点を重ね、18-17からは長内のアタックや石井のサービスエースなどでリードを広げた日本。石井のバックアタックで24-19と先にセットポイントを迎えると、 そこから相手の強烈なスパイクなどで3連続失点としたが、最後は途中出場の芥川愛加が得点。粘るケニアを振り切りセットを連取した。

 第 3 セット、石井のスパイクで先制点を奪うと、3-3から古賀の硬軟織り交ぜたアタックなどで3連続得点と勢いづいた日本。9-6 からは、芥川のスピード感あふれる攻撃とサービスエースなどでさらにリードを広げた。中盤、相手のパワフルな攻撃を前にサイドアウトの応酬が続くが、石井や鍋谷らアタッカー陣を中心に得点を重ねた日本。相手のミスもあり、リードを保ったままセットポイントを迎えた。 そこから相手の粘りで3連続失点したが、芥川のアタックでゲームセット。日本はストレート勝利を果たし、3勝目をあげた。
      
試合結果
日本 3(25-18,25-22,25-20)0 ケニア

月刊バレーボール

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事