ここから本文です

高額会費にタダ働き?オンラインサロンで憧れの人とつながることをやめられない意識高い系女子

9/23(月) 12:08配信

Suits-woman.jp

どこにでもいる女性でも気が付くと、その世界の『沼』にハマってしまうケースを紹介する同シリーズ。今回は、いつか起業することを目指して、オンラインサロンの活動に勤しむ女性のお話です。

会費制のコミュニティーとして人気のオンラインサロン。クローズドのコミュニティーであるため、不特定多数の人が見るSNSよりも情報発信しやすいことや、その分野のいわゆるインフルエンサーと呼ばれる人たちとつながれることが魅力として挙げられます。「オンラインサロン」と検索すれば、ビジネスからグルメ、ライフスタイルなど様々なカテゴリのサロンが見つかるでしょう。

今回お話を伺ったサユリさん(仮名・29歳・専門商社勤務)も、このオンラインサロンの魅力にはまっている一人です。

あの有名人から「いいね!」をもらえた感動

サユリさんが初めてオンラインサロンの存在を知ったのは2015年。今ほどその存在を知っている人は多くなく、これからブームを迎えようとしていた頃でした。

「私はいつか起業したいと考えているんです。まだ何でビジネスをするかは模索中なのですが。だから、勉強のためにいろんな起業家の方をフォローしてます。するとある日、フォローしていた起業家の方の一人がオンラインサロンなるものを始めると知りました。

どんなことをするんだろうと思ってチェックしたら、起業のヒントをはじめSNSでは発信できないような話を聞けたり、会員限定のセミナーやオフ会でその起業家の方に会えたりといった内容。希望者には個別で起業コンサルもしてくれると聞いて、すぐ申し込みました。

だって普通に生活していたら、そんな有名な起業家の方に会うことさえできません。でもオンラインサロンに入れば、コンサルまでしてくれるんですよ」

申込、そして初月の会費決済の完了後、facebookの限定コミュニティーに招待されたそう。そこでは自己紹介として、サユリさんと同じように起業を考えていたり、すでに起業したりしているメンバーの熱い想いがたくさん書き込まれていました。

「私なんて、まだなんとなく起業したいという状態だったので、もうドキドキしながら自己紹介のスレッドに投稿しました。そして次の日に、サロンのオーナーである起業家の方が私の投稿に『いいね!』をしてくれているのを目にしたときには、もうそれだけで入会してよかったって思いました」

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 12:08
Suits-woman.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事