ここから本文です

【令和に残る超名門】日本車奇跡の年! 平成元年誕生車の当時と今

9/23(月) 13:02配信

ベストカーWeb

 今から30年前、平成元年は日本の自動車界にとってエポックメイキングなモデルが続々デビューした未曽有のヴィンテージイヤーだった。

【画像ギャラリー】どれだけ変わった? 平成元年誕生車の「今」

 時はバブル経済真っただ中で日本中が熱気に浮かれていた時代、同年1月にまず初代レガシィが先陣を切り、8月にはR32スカイラインGT-R、9月にはユーノスロードスター、そして10月に初代セルシオとひっきりなしに話題のニューモデルが誕生。

 時を経て令和元年の今、ここにあげた車は――形こそ変わったモデルは多いものの――すべて生き残っている。

 令和の時代に生き残る平成生まれの超名門車、その「現在の姿」と対比させつつ「当時」を改めて振り返る。

R32スカイラインGT-R「今見れば未熟だが夢が詰まった車」

1989年5月。スカイラインシリーズの8代目となるR32型スカイラインが発売された。

 6代目のR30型で「走りのスカイライン」復活! DOHCエンジンのFJ20を搭載したRS、RSターボはファンの心を掴んだが、7代目で舵取りを失敗。

 8代目は、先代が大失敗したおかげとも言えるような大変身! そのフラッグシップモデルとして登場したのがGT-Rだ。

 ベースのR32もとても魅力あふれるクルマだったが、5ナンバーサイズに収められていたベースモデルに対し、大きく張り出したブリスターフェンダー、グループAレースを制するために排気量から考えて開発されたRB26DETTエンジンなどで差別化。

 さらに、対向4ピストンキャリパーに国産車では初めてのドリルドローターを採用、アルミボンネット、アルミフェンダー……スペックだけでこれほどワクワクしたクルマは初めてだった。

 誰よりも早いタイミングでオーダーを入れた筆者の元にGT-Rが納車されたのは、発売直後。

 当時、何から何までお世話になっていた土屋圭市先輩には、「なんでオレのより先に納車されんだよ!」と文句を言われるほどの納車タイミング。

 車体ナンバーは109番。街を走れば注目の的。深夜の首都高速で慣らしをしていると、RX-7やらスープラやらの行列ができちゃって、トランクに「慣らし中」って書こうかと思ったくらい(笑)。

 一気に8000rpmまで回るエンジンはパワーもサウンドも最高に気持ちよかった。あと、雪道のハンドリング! シビレたね。

 1992年にはN1耐久レースでもGT-Rをドライブしたが、225/50R16のSタイヤで500psオーバーは今でも忘れない、じゃじゃ馬の王様。

 今考えれば、強烈なフロントヘビーだし、ブレーキはまるっきり足りないし、テクノロジー的には未熟なところだらけ。

 そういう意味では現行のR35はまさに正常進化を遂げたモデルだと思うが、夢が詰まっていたんだよなぁ、あの頃のクルマたちには。

【大井貴之】

1/3ページ

最終更新:9/23(月) 13:02
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事