ここから本文です

【NJKF】アグレッシブに攻撃し続けた波賀宙也が日本人4人目のIBFムエタイ世界王者に

9/23(月) 23:26配信

ゴング格闘技

ニュージャパンキックボクシング連盟「NJKF 2019 3rd」
2019年9月23日(月・祝)東京・後楽園ホール

【写真】左ストレートでトンサヤームを大きく仰け反らす波賀

▼メインイベント IBFムエタイ世界ジュニアフェザー級王座決定戦 3分5R
〇波賀宙也 (立川KBA/IBFムエタイ世界ジュニアフェザー級1位、WBCムエタイ日本統一スーパーバンタム級王者)
判定2-1 ※48-49、49-48、49-48
×トンサヤーム・ゲッソンリット (タイ/IBFムエタイ世界ジュニアフェザー級2位)
※波賀が新王座に就く。

 2018年9月に知花デビットを退けWBC国内王座を防衛した波賀。その後もペットワット・ヤバチョウベース、ラットとムエタイ戦士を降し、今回の世界タイトル戦を迎える。波賀が獲得すれば日本人4人目のIBFムエタイ世界王者。

 対するトンサヤームはゲッソンリットジムの関係者が「テクニックとIQが高く、センマニー(近代ムエタイの最高傑作とも称される天才テクニシャン)の再来」と期待を掛ける18歳の新鋭選手。5月の厚木大会に来日すると、鋭い前蹴りとミドル・ハイで対戦した梅井泰成を寄せつけず、接近戦でもヒジで鼻血を出させ、組んではコカしといったオールラウンドな戦いで逸材ぶりを見せつけた。

 1R、サウスポー同士。トンサヤームは前へ出ていきなり首相撲に持ち込み、波賀もこれに応じてヒザ蹴り合戦。波賀が突き放すとトンサヤームは早くもヒジを打ち、左ストレートで芳賀を仰け反らせる。さらに首相撲と足払いで波賀をコカす。波賀は左ローを蹴り、ヒザ蹴りにヒザで対抗する。

 2Rもヒザ蹴り合戦。離れるとトンサヤームは波賀の左ミドルに左ストレートを合わせに来る。波賀は左ローを集中的に蹴り、積極的に首相撲を仕掛けてボディをヒザで狙う。前へ出る波賀が右ミドルからの左ストレート、波賀の積極的な攻めが目立った。

 3R、波賀が左ローで攻勢を仕掛けるがトンサヤームも襲い掛かるようにして右ミドルから首相撲に持ち込む。波賀も左ミドルから組み付くとヒザ蹴りを連打。トンサヤームのスタミナを奪いにいくが、コカされてしまう。波賀のボディへのヒザ蹴りで明らかに失速するトンサヤーム。口を大きく開け、疲労の色が濃い。

 4Rも左ローを蹴り、自ら首相撲を仕掛ける波賀がヒザ蹴りで攻勢。トンサヤームはヒジと左ミドルで応戦するが、波賀の右ヒジをもらって大きく下がる。波賀は左ストレートでトンサヤームを2度仰け反らせるが、トンサヤームも波賀の入り際に左ミドルを合わせる。これがどう評価されるか。

 5R、波賀が左右ミドルからの左ストレートをヒット。さらに首相撲でのヒザで攻勢。トンサヤームは下がりながらも左ミドルを蹴る。左ストレートからの首ヒザで攻めまくる波賀。最後まで波賀が前へ出て攻めた。

 判定はタイ人ジャッジ1名がトンサヤーム、日本人ジャッジ2名が波賀の判定2-1で芳賀が勝利。日本人4人目のIBFムエタイ世界王者が誕生した。

 波賀「今回世界タイトルマッチが決まって練習が本当にきつくて会長のことが嫌いになりそうだったんですけれど、ついてきてよかったです。(今後は)これを目標にしてきたところがあったので、ちょっと休憩させてください」と喜びいっぱいに勝利者インタビューに答えた。

最終更新:9/23(月) 23:26
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事