ここから本文です

家事ラクな家は洗濯動線で決まる!インテリアライターが選ぶ、暮らしが整う「間取り」

9/23(月) 22:32配信

サンキュ!

「家が整うと、暮らしが整う」とはよく言われることですが、整えるために効果的な「間取り」があるとしたら、気になりませんか? 住まいを取材して20年の住宅・インテリアライターは、取材先や誌面に掲載されたお宅の「間取り」がついつい気になってしまうそう。

【画像集】毎日の掃除をラクにする予防テク5

その中から「これなら暮らしがスムーズに回る」と太鼓判を押せる間取りを厳選、ポイントについて解説してもらいます。

洗濯をワンフロアで完結できると最強

住宅・インテリアライターの志賀朝子です。「サンキュ!」の2019年4月号を読んでいた私は、あるお宅の間取り図を見てはたと手が止まりました。「むむ。このお宅、家事ラクの家のお手本みたいな間取りになってる…」。

それは、神奈川県の宇高さん(38歳)のお宅です。宇高さんは、夫、長男(9歳)、長女(7歳)の4人暮らし。そしてこちらのお宅の家事ラクの秘密は、ずばり「洗濯動線」です。洗濯にかかわるすべての作業が、2階のワンフロアで“完結”する間取りになっているのが下の間取り図からわかりますか?  


●服を脱ぐ場所(=浴室)
●洗濯する場所(=洗濯機のある洗面所)
●洗濯ものを干す場所(=バルコニー ※室内干し派の宇高さんは、乾燥機能つき洗濯機や浴室で除湿機を使用)
●洗濯済みのものを片づける場所(=クローゼット)

以上がすべて、2階にまとめられているのが大きなポイント。干したり片づけたりと、ただでさえ作業プロセスが多いのが洗濯ですから、上下のフロアの移動がないだけで、かなり負担が少ないはずです。

宇高さんがライフオーガナイザー®として、個人宅の収納コンサルタントやセミナー講師として活躍されていると記事にあり、思わず納得してしまいました(笑)。

ほかの家事より動線が重要になる洗濯

家を建てたり購入するときに、家事動線がスムーズな間取りかどうかはじっくりチェックしたい部分。洗濯はほかの家事にくらべて作業の内容が多岐にわたり、移動もともなうものなので、「洗濯動線」がスムーズな間取りは家事ラクな家に直結します。

以前、同業者でもある友人が「芸能人のおうち購入ルポみたいな番組で、1階に洗濯機置き場、2階に浴室、3階に物干し場がある家が出てた!!」と教えてくれたことがありました。

この家の場合、2階にためてある洗濯ものを1階で洗って、3階へ干しに行く…ということになりますよね。考えるだけで、た、たいへん…(汗)。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 22:32
サンキュ!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事