ここから本文です

家族で喧嘩すると…相続税という「見えない借金」が多額に!?

9/23(月) 9:00配信

幻冬舎ゴールドオンライン

専門家に相談せずに、独断で相続対策をしてしまった結果、財産を残すどころか巨額の相続税を請求されてしまう事例が後を絶ちません。そこで本記事では、北村税理士事務所代表の北村英寿氏が、相続トラブルを事前に防ぐ方法について解説します。

かわいい子どもを苦しませる「相続税」

皆さんは、相続税をどのように考えているでしょうか。私が手がけた案件では、このようにおっしゃっていた方もいました。

「子どもはそれぞれかわいいから、特定の子だけを優遇できないのよ。まぁ、そのうち考えるわ」

この方は80代の女性です。夫はすでに亡くなっており、夫から引き継いだ会社の株式、自宅、現預金など豊富な資産を所有している方でした。結局、そのまま相続税対策に本腰を入れることなく、亡くなってしまいました。3人の息子が財産を相続したのですが、対策をしていなかったために、それ相応の相続税を納税せざるを得ませんでした。

この方のように、自分が亡くなったら課税されると心の隅ではわかっていても、何となく気持ちが向かず、相続税対策を進めることができない方は多いのではないでしょうか。また、日々の仕事や雑事に追われているうちに後回しにしてしまっている方も多いような気がします。

「税金だからある程度課税されるのはしかたない」と初めから諦めてしまっている人や、「節税対策をしたところで、そんなに変わらないだろう」と思い込んでいる方がいるという話も聞きます。

しかし、もう一歩踏み込んで考えてみてください。子どもたちの将来にどのように影響を及ぼすかを想像してみるのです。

もし何も対策をしないままで、突然相続人が多額の納税を迫られることになったら、さらには、手持ちの現金がなく、その納税に苦しむことになったら、と。

子どもをかわいいといっているのに、突然の相続税に苦しませる結果になってしまう、それは大きな矛盾ではないでしょうか。むしろ、かわいいと思っているからこそ、そこまでの面倒を見てあげるべきではないでしょうか。

相続税対策を何一つしないまま亡くなってしまった場合、相続人は、財産がどのくらいで、相続税はいくらになるかまったくわからない状態での相続となります。つまり、明日、いきなり数千万円、数億円のお金を現金として納めることになってもおかしくないのです。

相続人からすれば、相続税という借金を背負っているのと同じことです。いつ相続が発生して納税することになるかもわからない“見えざる借金”なのです。

ある日突然、多額の借金を背負うと想像したら、あなたならどのように感じるでしょうか。しかもその借金は、いざとなったら自宅を売却してでも、家族みんなでなけなしの現金をかき集めてでも、分割にして利子税が課せられてでも、支払わなければならない厳しい借金です。

そう考えますと、そのまま何もしないことが、残された子どもたちにとって不利にしかならないとわかっていただけるかと思います。

相続税という“見えざる借金”をできる限り少なくしておく、そしてそれによって子どもたちを楽にさせてあげる、これはいつの日か被相続人となる親のすべき大切なことだと思います。

1/3ページ

最終更新:9/23(月) 9:00
幻冬舎ゴールドオンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事