ここから本文です

エールディビジ首位攻防戦、PSV対アヤックスはお互い譲らずドローで決着! 堂安律の出番は…

9/23(月) 6:10配信

SOCCER DIGEST Web

アヤックスが先制、PSVが粘って追いつく

 現地時間9月22日、エールディビジ第7節、現在2位のPSVが1位のアヤックスをホームに迎えた首位攻防戦が行なわれた。PSVの堂安律はベンチスタートとなった。

【PHOTO】久保建英、中島翔哉、冨安健洋のほかにも続々! 2019年夏に欧州で新天地を求めたサムライたち

 試合は、開始早々からスピーディーで、目まぐるしく攻守が入れ替わる展開となる。20分までは絶好調のマレンが度々ゴールに迫るなど、ホームチームが得点を予感させるが、GKオナナが立ちふさがる。

 少しずつ主導権を取り戻したアヤックスは、タディッチの打開力を頼りにPSVゴールに迫るも、こちらもGKズートの牙城を崩せない。前半はスコアレスで終えた。

 後半、均衡を破ったのはアヤックスだった。63分、ゴール前の混戦からタディッチのパスを受けたプロメスがツータッチでGKをかわしてシュート。絶妙なタイミングでゴールの左隅に蹴り込み、先制点を挙げた。

 PSVは76分に2枚替えでガクポとボスカーリを投入。左サイドの活性化を図る。この交代が功を奏し、直後の78分、左サイドから崩したガクポのスルーパスをマレンが右足で合わせて、1-1とした。

 その後は両軍ともチャンスを活かせず、そのまま試合は終了。勝点1を分け合い、アヤックスが首位を維持。堂安律には残念ながら出番は回ってこなかった。9月25日に行なわれる古巣のフローニンヘン戦では、出場機会が巡ってくるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/23(月) 7:55
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事