ここから本文です

手負いのマドリーが“鬼門の地”で首位セビージャに完封勝利!ベンゼマの千金ヘッド弾で2位に浮上

9/23(月) 5:53配信

SOCCER DIGEST Web

4連敗中の敵地で…

 現地時間9月22日に行なわれたラ・リーガ5節で、レアル・マドリーが前節終了時点で首位のセビージャと敵地ラモン・サンチェス・ピスファンで対戦した。

【動画】パリSG戦のベイル“幻”のスーパーゴールはこちら!

 18日に行なわれたチャンピオンズ・リーグのパリ・サンジェルマン戦で0‐3の大敗を喫したマドリーは、この試合では守備面が改善。立ち上がりからセビージャにペースを握られながらも、決定機は作らせない。

 35分には、ハメスのボール奪取からのショートカウンターでアザールがシュート。その3分後にも、速攻を繰り出し、ハメスのスルーパスからカルバハルが狙う。いずれもGKヴァツリークに阻まれたものの、チャンスを作り出す。
 
 後半に入って64分、マドリーがついに均衡を破る。右SBカルバハルのクロスをベンゼマがヘッドで叩き込んだ。

 その後は押し込まれたものの、集中して敵の攻撃を封じ込める。78分にオカンポスのクロスからデヨングにヘディングシュートを浴びるも、枠を外れた。

 結局、虎の子の1点を守り切ったマドリーが、今シーズン初完封で勝点3を奪取。4連敗中だった“鬼門の地”で勝利し、アスレティック・ビルバオと勝点11で並ぶ2位に浮上した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:9/23(月) 6:15
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事