ここから本文です

家にある食材と卵があればOK! 簡単アレンジ「卵丼」5選

9/23(月) 11:30配信

レタスクラブニュース

家事や仕事、育児で忙しいときは、買い物ができないときも。冷蔵庫にある食材だけで、なんとか献立を考えている人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、パパッと作れる卵丼のレシピをピックアップしました。アツアツのご飯に卵と具材を乗せるだけで、絶品のどんぶりが堪能できますよ。

どこか懐かしい味つけの「すきちくわ卵丼」

■ 巣ごもり風もやし卵丼

【材料・2人分】

卵 2個、もやし 1/2袋(約100g)、赤とうがらしの小口切り 1本分、温かいご飯 小どんぶり2杯分、ナンプラー 小さじ1/2、サラダ油

【作り方】

1. フライパンにもやしを広げ入れ、ナンプラー、とうがらし、油大さじ1をふり、ふたをして強火に1分かける。

2. 器にご飯を盛り、1を輪っか状にのせ、まん中に卵を割り落とす。

(1人分410Kcal、塩分0.5g)

もやしをたっぷり盛りつけた鳥の巣のようなどんぶり。もやしは調味料を加えて、1分ほど蒸し焼きにすればOKです。ナンプラーをきかせたエスニック風の味つけは、朝ごはんにもおすすめ。

■ すきちくわ卵丼

斜めに切り揃えたネギとちくわを麺つゆで2~3分加熱します。どんぶりに具材をトッピングして、最後に卵を落とせば完成!

■ 磯とろ卵丼

めかぶのなめらかな食感とのりの風味を楽しめる1品です。どんぶりにちょこんと添えたわさびの辛みがGOOD。

■ ソーセージ炒め卵丼

細かく刻んだソーセージのジューシーな肉汁が味の決め手。粗びき黒こしょうをふってスパイシーな香りをプラスします。

■ お好み焼き風卵丼

お好み焼き風のどんぶりですが火は一切使いません。揚げ玉をたっぷり散らして食べごたえをアップさせましょう。

味つけの種類も豊富な卵丼は、1人でご飯を済ませたいときにもピッタリ。いつも食べている卵かけご飯に飽きたら、一風変わったどんぶりに変身させてみてはいかが?

最終更新:9/23(月) 11:30
レタスクラブニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事