ここから本文です

「コパが欧州への扉を開いてくれた」 アントワープ三好、“文化の違い”に挙げた点は?

9/23(月) 11:20配信

Football ZONE web

コパのウルグアイ戦のゴールでオファーが複数届き、そこからアントワープをカバー

 日本代表MF三好康児は、今夏にベルギー1部アントワープに期限付き移籍。デビュー戦となった9月15日のリーグ第7節アンデルレヒト戦(2-1)で、途中出場からわずか5分後に決勝ゴールを挙げて瞬く間にファンの心をつかんだ。海を渡った22歳のアタッカーは、ベルギー紙「Het Nieuwsblad」のインタビューで「コパ・アメリカが僕にヨーロッパへの扉を開いてくれた」と話し、日本とベルギーの文化の違いなどについても印象を語っている。

【動画】「予想外のヒーロー」と現地メディア注目 アントワープ三好康児、デビュー戦で値千金の決勝ゴール

 三好はプロ5年目の今季、川崎フロンターレからのレンタルという形で横浜F・マリノスでシーズンをスタート。主力の1人として攻撃的なサッカーを牽引し、今年6月にはコパ・アメリカ(南米選手権)に挑む日本代表メンバーに初選出。グループリーグ全3試合に出場し2ゴールを挙げて存在感を示すと、8月20日にアントワープへの期限付き移籍が決まった。

 デビュー戦となった9月15日のリーグ第7節アンデルレヒト戦で、途中出場から移籍後初ゴールを決めて2-1の勝利に貢献した三好だが、「Het Nieuwsblad」紙のインタビューでアントワープ移籍の理由について答えている。

 強豪ウルグアイ相手に2ゴールを決めたこともあり、コパ・アメリカ参戦後に複数の欧州クラブからヨーロッパ移籍に対する興味の有無を尋ねられていたという。アントワープの動向はそこから追うようになったが、日本人選手がいない環境に惹かれたと明かす。

「時間厳守」の日本に比べ、欧州はそこまで厳しくない違いを笑いを交えて説明

「ヨーロッパ移籍は僕の夢だったけど、オファーが来ないにつれてその機会が来るかどうか疑問に思い始めた。コパ・アメリカが、僕にヨーロッパへの扉を開いてくれたんだ。いつかCLでプレーしたいと思っている」

 記事では、日本とヨーロッパの間で「カルチャーショックはあるか?」と尋ねられ、「日本人は日常生活と職場の両方で時間厳守を非常に重視している。一部のチームメートには、5分遅れて来る勇気がある」と説明。コンゴ民主共和国代表FWディウメルシ・ムボカニが16日の練習に15分遅れで来たことを振られると、「誰かが遅れる時、彼はよくそこにいる」と笑いを誘ったという。

 三好にとっては初の海外挑戦だが、ベルギーの地でのピッチ内外にわたる経験を楽しんでいるようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/23(月) 11:20
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事