ここから本文です

「タケ&ブディ」 マジョルカ久保、17cm差“ハイタッチ2ショット”をクラブ公式が投稿

9/23(月) 20:50配信

Football ZONE web

2-4で敗れたなか、2得点のFWブディミルと1点目アシストの久保にフォーカス

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間22日、アウェーでのリーグ第5節ヘタフェ戦(2-4)に前半19分から途中出場。0-3の後半25分にクロアチア人FWアンテ・ブディミルのゴールをアシストし、スペインで初となる目に見える結果を残した。試合後にはマジョルカ公式ツイッターが、ゴール後に久保とブディミルがハイタッチする写真を投稿している。

【写真】リーガ初アシストの久保建英、同僚FWブディミルと“17cm差ハイタッチ”の瞬間

 マジョルカは前半7分に、相手のセットプレーがガーナ人MFイドリス・ババの体に当たってコースが変わり、オウンゴールで失点。さらに、前半14分にガーナ代表DFアブドゥル・ラーマン・ババ、その3分後にはスペイン人MFサルバ・セビルが接触プレーで負傷し、交代を余儀なくされた。ここでガーナ代表DFルーマー・アグベニューとともに投入されたのが、3戦連続ベンチスタートとなった久保だった。

 その後も失点を重ねて0-3とされたマジョルカだが、後半25分に反撃の1点を奪う。久保が右サイドからカットインを仕掛け、左足でゴール前にクロス。これに合わせたのがブディミルだった。ヘディングで上手く軌道を変え、ゴールに流し込んで見せた。この7分後にもブディミルはゴールを奪い、1点差に詰め寄ったものの、最終的にはヘタフェに突き放されて2-4で敗れている。

 敗戦のなかでも光るものを見せた久保とブディミルの“ホットライン”をクラブ公式ツイッターも取り上げ、日本とクロアチアの国旗とともに「タケ&ブディ」と綴って写真を投稿。173センチの久保と190センチのブディミルが駆け寄り、ハイタッチする様子が収められている。

 開幕戦エイバル戦(2-1)以来、勝利のないマジョルカにとって、今節の敗戦からポジティブなポイントを挙げるとすれば、やはり2得点のブディミルと今季初めて目に見える結果を残した久保なのだろう。現地時間25日の次節アトレチコ・マドリード戦では、勝利に導く活躍を見せたいところだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:9/23(月) 20:50
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事