ここから本文です

ライザップ、子会社再建に猫の手を借りる

9/23(月) 5:20配信

東洋経済オンライン

 「結果にコミットする」のCMで有名なRIZAPグループ(以下、ライザップ)。本業のボディーメイクジムは順調なものの、相次いで買収した企業の再建が遅れ、2018年度は大幅な赤字決算となった。ライザップにとって、子会社群の再建が急務となっている。

【写真】インスタ猫を店頭用ポスターに起用したハピンズの柘植社長

 インテリア雑貨や生活雑貨を扱う「HAPiNS」(ハピンズ)も再建中の子会社の1つだ。300円ショップやニトリなどの競合に押されて業績が低迷、2016年5月にライザップ傘下に入った。

■業績回復の救世主「ふくふくにゃんこ」

 不採算店整理などのウミ出しをいち早く終えた点で、ハピンズは、ライザップが買収した上場会社9社の中でも再建が進んでいる会社だといえる。しかし、決算短信などには、事業継続にリスクがあることを示す「継続企業の前提に関する重要事象等」の記載が残る。利益も回復途上で、ライザップの業績に大きく貢献するほどではない。

 そのハピンズにおいて業績回復の救世主となっているのが、オリジナルキャラクターの「FukuFuku(ふくふく)にゃんこ」だ。

 猫を模したキャラクターのふくふくにゃんこの特徴は、つぶらな瞳と2本のヒゲの愛らしい顔。三毛や茶トラなど毛柄の異なるデザインが5種類あり、クッションやブランケットなど120種類の商品になっている。

 商品化されたのは2015年9月。ハピンズ商品部の木村知子次長によると、当時「王道」のキャラクター商品だったのは熊、ウサギ、カエルで、猫はサブキャラの扱いだったという。

 ところがふくふくにゃんこは、商品化2年目で関連商品の売上高が4億3000万円に急増。2018年度は約8億円を売り上げた。これはハピンズの売上高の1割近くを占める規模で、この急成長によって同社は6期続いた売上高の減少に歯止めをかけることができた。今年度のふくふくにゃんこの売上高は10億円を目指すとしており、今や立派な主力商品だ。

1/2ページ

最終更新:9/23(月) 5:20
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事