ここから本文です

「山手線1周」の切符はどうやって買えばいい?

9/23(月) 6:00配信

東洋経済オンライン

 東京の都心部をぐるりと回る山手線。1周約34.5km、ずっと乗っていれば出発地と同じ駅に戻ってくる。例えば東京駅から乗って東京駅で降りる、という形で1周乗ってみたいと思ったことのある人もいるのではないだろうか。

【写真】これが山手線1周の乗車券だ!

 だが、その場合に切符をどうするか。隣の駅でいったん降りて切符を買い直せば問題はないが、それでは「1周乗り通した」ことにはならない。

 では、山手線を1周する場合はどのように切符を買ったらいいのだろうか? 

■往復切符で乗れる? 

 一般的には、山手線1周という場合、乗る駅と隣駅との往復乗車券を買うように案内されるケースが多いという。

 なぜ、隣駅との往復乗車券で1周できるのか。

 乗車券を買う際には、一般的には乗るルートそのままを買わなくてはならない。しかし東京・仙台・新潟・大阪・福岡の「大都市近郊区間」内の場合、同じ駅を2回通らなければ、実際にはどんなルートを通っても運賃は最も安い経路で計算される。遠回りしても問題ないわけだ。

 つまり、新宿―代々木間の往復乗車券を買った場合、新宿から代々木までの「往路」は山手線外回りでぐるっと遠回りして向かい、代々木から新宿までの1駅が「復路」という考え方になる。これでルール上問題なく1周できるのだ。

 もちろん、交通系ICカードではそういった乗車はできない。そうなると、紙の切符を買わなければならないことになる。

 筆者は新宿から代々木までの往復切符を買って山手線を1周してみることにした。だが、券売機で切符を買おうとしても、表示は「金額」だけで「行先」は表示されていない。そして、往復切符も買うことができない。券売機をどういじっても、「代々木までの往復」を買うことはできないのだ。黒い色の多機能券売機でも同じことだ。

 普通の券売機では、駅名を指定した往復切符は買えないのではないか。そこで思い出したのが指定席券売機だ。特急に乗るための切符を買ったり、「えきねっと」などの予約サービスの受け取りをしたりするのに使う券売機だが、乗車券だけを買うこともできる。しかも、往復乗車券も購入可能だ。

 指定席券売機では、発駅は簡単に表示されるものの、着駅を50音順で検索しなければならない。「代々木」の「よよ」を入力して駅名を探し、乗車券の種類は「往復」を選択。支払いを済ませる。この券売機はクレジットカードの使用も可能で、領収書ももらうことができる。

1/3ページ

最終更新:9/23(月) 8:13
東洋経済オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事